確定申告でトクをするにはどうすればいいのか

中止のチケット代も「寄附金金控除が可能」かも

コロナ禍の確定申告は、例年とは異なるところがあります(写真:よっし/PIXTA)

2月16日から受け付け開始となる、確定申告。会社員でも申告すれば給与天引きされた税金が戻ってくるチャンスはいろいろあります。「自分には関係ない」と決めつけず、受けられる控除がないかをチェックしましょう。

「税務署は密になりそうで怖い」という心配も無用。今や、パソコンやスマホでも申告できますし、AIが質問に答えてくれるサービスもあります。2020年分の確定申告、見逃さないで!

税務署に行かなくても「非接触」で申告できる

2020年分の確定申告は、2021年2月16日から4月15日までとなっています。確定申告は例年、同じ時期に約1カ月間行われますが、新型コロナウイルスの感染拡大により、期間が大幅に延長されました。また税金を取り戻すための申告(還付申告)は、1月1日から受け付けられており、2020年に納めた税金を取り戻すための申告は、2021年の1月1日から2025年12月31日までとなっています。

税金が戻るのは、医療費がたくさんかかった人、寄付をした人、住宅ローンを組んだ人、退職して年末まで再就職をしなかった人など、多くのケースがあります。

「難しそうだし、コロナで密になるのは嫌だし……」と思うかもしれませんが、それほど難しくはありません。税務署に出向くことなく、郵送、インターネットでも手続きができますし、スマホでも申告できてしまいます。税務署もネットやスマホなどでの申告を勧めています。

1月中旬からはチャットボットによる税務相談も始まりました。パソコン、スマホ、タブレットで、「国税庁ふたば」で検索し、メニューから質問内容を選んだり、知りたいことを文字入力したりすると、AIの活用で回答が得られます。

次ページ住宅ローンを組んだ人は必ずトクをする
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT