楽天は、なぜ「1000億円M&A」を決めたのか?

三木谷浩史会長兼社長が語る戦略の核心

三木谷:つまり、楽天はサービスの規模もどんどん大きくなってくる。オープン化も進めてきており、今ではAPIも公開するようになった。そうした中で、さらにオープンにするためにはどうしたらいいか。オープンだったら、すでにGoogleのようなものがあるとは言うものの、そうは言っても単なるサーチエンジン、単なるリンクじゃつまらないよね、と。ここのところに、メンバーシップのモデルが成り立つ。楽天はメンバーシップの会社であり、Ebatesもキャッシュバックというメンバーシップ。しかも、Ebatesは会員のロイヤルティが極めて高い。

僕らの戦略というのはやっぱりメンバーシップというものをベースにして、そしてイーコマースのトランザクションのボリュームを上げていこうということなんです。

山田:普通の見方をすれば、世界の基準は垂直統合型のAmazonみたいな世界があるから、あれが基準だと多くの人が考える。ショッピングモールの楽天は日本でたまたま成功しただけ、という見られ方もする。しかし、モール型は世界で伸ばしていける、と。

三木谷:いや、我々の競合さんも、やっぱり直販型からからマーケットプレイス型に変えないと、プロダクトの幅も出ないし、それから楽しさも出ない、ということで変わってきていますよね。ある意味では、一番プリミティブなものが直販型モデル。その次がマーケットプレイス。そして楽天のモデルが、ネクストジェネレーションだと思っている。ほかのところは直販型からマーケットプレイス型に乗り変えつつある、という今のタイミングで、我々さらにもう一歩先に行く。

これを、アメリカ、ヨーロッパを含めて世界で一気に展開をしていく。他国では、何かを買う場合には、その国で有名なお店から買いたいという思いがある。例えばアメリカの人はどこから買いたいのかと言うと、(通販会社の)ニーマン・マーカスから買いたいとか、あるいは(化粧品や香水を扱う)セフォラから買いたいとか。そこを結びつけていきたい、ということです。

20億人のID経済圏をつくりたい

山田:楽天IDとViber(バイバー)IDの統合を進めます。これにより、かなり大きな楽天ID経済圏ができるわけですね。

三木谷:Viberは今がだいたい8億人なんですが、1日100万人以上が追加していっていますから。将来的には夢として20億人を実現したいと思っています。

山田:それだけの人数が、共通体験をできるようになる。

三木谷:同じ通貨が発生するということですよね。

次ページ金融事業の展開は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。