中国「AI四小龍」、米制裁リストにそろって指定 香港および上海への上場計画に影響不可避

✎ 1〜 ✎ 750 ✎ 751 ✎ 752 ✎ 最新
拡大
縮小
アメリカ政府は高度な画像認識技術を持つ「AI四小龍」に対して2度目の制裁に踏み切った(写真はAI四小龍の1社、メグビーのウェブサイトより)

12月16日、アメリカ財務省は中国のハイテク企業8社を「中国軍産複合体企業」の制裁リストに追加指定した。これにより、アメリカの企業や個人による指定先への投資が禁止される。

8社の具体名は、AI(人工知能)を用いた画像認識技術を手がける曠視科技(メグビー)、依図網絡科技(イートゥ)、雲従科技集団(クラウドウォーク)、ドローン大手の大疆創新科技(DJI)、スーパーコンピューターの曙光信息産業、ビデオ監視システムの東方網力科技(ネット・ポサ)、データセンターやクラウドサービスを手がける立昴技術(レオン・テクノロジー)、サイバーセキュリティサービスの美亜柏科信息(メイヤピコ)となっている。

アメリカ財務省によれば、これら8社は中国の少数民族に対する生体認識技術を利用した個人特定や行動監視に協力しているという。制裁リストへの指定は、そのような行為にアメリカの投資家が(間接的に)荷担しないようにするための措置だとしている。

これに対してメグビー、クラウドウォーク、イートゥの3社は12月17日、アメリカ財務省の指摘は事実無根であるとし、制裁措置に強い反対を表明した。これら3社に同業の商湯智能科技(センスタイム)を加えた4社は、中国ハイテク業界の「AI四小龍」と呼ばれている。

制裁対象になるのは今回が2度目

センスタイムは1週間前の12月10日に制裁リストに指定されており、今回の追加指定でAI四小龍がすべて制裁対象に組み込まれた。その影響により、センスタイムは12月17日に予定していた香港証券取引所でのIPO(新規株式公開)の一時延期を余儀なくされた。

メクビーとクラウドウォークも、上海証券取引所のハイテク企業向け新市場「科創板」への上場準備が最終段階に差しかかっており、同じく影響が避けられないとみられている。メクビーは2021年3月にIPOの目論見書を提出し、9月に事前審査を通過したが、正式な上場申請はまだ行っていない。クラウドウォークはすでに8月に上場を正式申請し、関係機関の認可を待っている段階だ。

本記事は「財新」の提供記事です

AI四小龍がそろってアメリカ政府の制裁対象になるのは、これが2度目である。1度目は2019年10月、アメリカ商務省がアメリカの安全保障や外交政策上の利益に反すると判断した企業等を列挙した「エンティティー・リスト」にセンスタイム、メグビー、イートゥを追加。2020年5月にはクラウドウォークも同リストに加えられ、アメリカ由来の先端技術が使われた製品やソフトウェアの調達を制限されている。

(財新記者:何書静)
※原文の配信は12月17日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT