中国新興電池「SVOLT」、生産能力急拡大の背景

2025年に600GWh目指すが、能力過剰の懸念も

SVOLTが生産能力の拡大を急ぐ背景には、EVに代表される「新エネルギー車」の販売急増がある。写真は同社製の車載電池(SVOLTのウェブサイトより)

中国の新興車載電池メーカーの蜂巣能源科技(SVOLT)は12月11日、シリーズBの追加ラウンドで総額60億元(約1066億4880万円)の資金調達を完了したと発表した。2021年7月に獲得した102億8000万元(約1827億2494万円)に続く大型の資金調達であり、SVOLTの事業パートナーや投資ファンド、地方政府傘下の国有投資会社などが出資した。

同社の楊紅新CEO(最高経営責任者)によれば、今回調達した資金は新技術の研究開発費と、江蘇省常州市の生産拠点および研究開発センターの建設費用に充当する。SVOLTは車載電池の生産能力の急拡大をもくろんでおり、2025年までに年間600GWh(ギガワット時)を目指している。

その背景には、EV(電気自動車)に代表される「新エネルギー車」の販売急増がある。中国汽車工業協会のデータによれば、2021年1月から11月までに中国国内で販売された新エネルギー車は、前年同期の2.67倍の299万台に上った。

(訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、EV、燃料電池車[FCV]、プラグインハイブリッド車[PHV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

CATLとBYDは目標値を公表せず

膨張する需要に対応するため、中国の車載電池メーカー各社は生産能力の引き上げを急いでいる。業界3位の中創新航科技(CALB)は2025年の生産能力500GWh、2030年には同1000GWhを目指すと宣言。同4位の国軒高科(ゴーション・ハイテク)は2025年の生産能力300GWhとの目標を明らかにしている。

一方、業界首位の寧徳時代新能源科技(CATL)と同2位の比亜迪(BYD)は、生産能力拡大の目標値を公表していない。CATLの直近の市場シェアは51.4%、BYDは16.6%に上ることから、仮に両社がシェアを維持しながら生産能力を拡大したら、それだけで相当な規模になるはずだ。

本記事は「財新」の提供記事です

ある調査会社の予想によれば、車載電池および(再生可能エネルギー向けの)蓄電システム用電池の出荷量は、2025年には1516GWhに達する見通しだ。ところが前出のSVOLT、中創新航科技、国軒高科の2025年の目標値を足し合わせただけで1400GWhになる。そこにCATLとBYDを加えれば、調査会社の予想値を大幅に超過するのは間違いない。

電池業界のあるベテラン関係者は、車載電池メーカー各社が生産能力の拡大競争を繰り広げた結果、「2025年には(市場の需要に対して)生産能力が過剰になるリスクがある」と警鐘を鳴らす。

(財新記者:安麗敏)
※原文の配信は12月12日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT