中国のバイオ製薬会社「香港上場中止」の背景

沃森生物技術、肺炎ワクチンの輸出拡大に注力

沃森生物技術は、香港上場を中止しても「業績や資金繰りに重大な影響はない」と説明している(写真は同社ウェブサイトより)

中国のバイオ製薬会社の沃森生物技術(ウォルバックス・バイオテクノロジー)は12月10日、手続きを進めていた香港証券取引所への上場計画を中止し、提出済みの上場申請書を撤回すると発表した。

その理由について沃森生物技術は、「最近の株式市場の環境変化を受けて、自社の経営状況と今後の事業計画を総合的に考慮した結果だ」と説明。同社によれば目下の経営状況は堅調であり、香港上場を中止しても「業績や資金繰りに重大な影響はない」としている。

香港市場ではこのところ、中国の製薬会社がIPO(新規株式公開)を実施した直後に、株価が公募価格を下回る「公募割れ」が相次いでいる。例えば2021年12月10日には、北海康成製薬(カンブリッジ・ファーマシューティカルズ)、凱莱英医薬集団(アシムケム・ラボラトリーズ)、固生堂控股(グーシェンタン・ホールディングス)の3社が同時に上場したが、初日の取引で公募割れを免れたのは固生堂控股だけだった。

ファイザーの独占市場に風穴

なお、沃森生物技術は上場中止の発表と同じ日、「13価肺炎球菌ワクチン」の生産能力増強に6億9500万元(約124億円)を投じる計画を明らかにした。子会社の敷地内に建屋を新築して生産設備を増設し、同ワクチンの輸出需要(の拡大)に備える。

13価肺炎球菌ワクチンは、沃森生物技術が近年発売した重要な医薬品の1つだ。中国メーカーが開発した同種のワクチンとして初めて、2019年12月31日に中国国家食品薬品監督管理局から製造販売の承認を獲得。それ以前は、中国国内で承認済みの13価肺炎球菌ワクチンはアメリカの製薬大手ファイザーの「プレベナー13」だけだった。

本記事は「財新」の提供記事です

沃森生物技術のワクチンは、中国市場でのファイザーの独占状態に風穴を開け、シェアを急速に拡大している。13価肺炎球菌ワクチンは海外市場の需要も巨大であり、プレベナー13の2020年のグローバル売上高は約58億5000万ドル(約6632億円)に上る。沃森生物技術が海外市場を開拓し、輸出を伸ばす余地は非常に大きい。

(財新記者:王礼鈞)
※原文の配信は12月13日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT