「横グラフ」で同僚の足引っ張らない組織作り

ネッツトヨタ南国に「働きやすさ」を学ぶ(前編)

もちろん同社でも、コンテストのようなものはたまに行われます。ただ、その場合でも、30人の中で1位は誰なのか、というような「相対競争」は一切やりません。あくまでも、その人が自分の掲げた目標を超えられたかどうかを「絶対競争」として競うのです。

自分の目指す目標を超えたら1位、到達したら2位。だから、1位が同時に何名もいる場合もあります。同僚をライバルにすると競争へのモチベーションが上がってエネルギーは出ますが、同時に弊害も出てきてしまいます。他人をライバルにするのではなく、自分をライバルにする。それが横田さんのやり方なのです。

また、経営の世界で使われがちな「革新」という言葉、使わないというこだわりがあるそうです。

ジャンプアップでなく、日々の積み重ね

「私は『革新』よりも『進化』という言葉を使います。組織ではよく『○○革新』などと言いますよね。でも、革新と言いながら結局何も変わらないことがほとんどです。なぜそうなるかというと、革新という言葉の本質を分かっていないからです。革新とはこれまでの習慣・制度・状態・考え方などを劇的に変えてしまうとういこと。つまり過去を否定するということになります。日頃から進化し続けていれば、ある日突然ジャンプアップ(革新)しなくてもよいはずです。

革新をしなければならないというのは、昨日までの自分たちが一段低いところにいた、というのを認めているのと同じことです。その考えは前向きではありません。本当に大事なのは、昨日までの自分たちを否定せず、組織も人も柔軟に変わり続けること。それが『進化』です」(横田さん)

「競争より共創」「縦のグラフではなく横のグラフ」「革新より進化」……少しお話をうかがっただけでも、横田さんの口から印象的なフレーズがたくさん出てきました。確かに旧来の常識とは反するように見えることもたくさんありますが、これだけ大胆かつ的確な経営方針を持っているからこそ、理想的な組織作りができているのでしょう。

次回は、実際に働いている女性社員の声も聞きながら、ネッツ南国株式会社の強さの秘密について、さらに掘り下げて考えてみたいと思います。

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍を拡げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

(構成:ラリー遠田/撮影:斉藤由佳・ビスタワークス研究所)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT