TikTokのバイトダンスが「クラウド事業」に参入

アリババやファーウェイの牙城に食い込めるか

バイトダンスのパブリック・クラウド参入は、事業部門の1つで法人向けサービスを手がける火山引擎が推進役を担う(写真は火山引擎のウェブサイトより)

中国のクラウドコンピューティング市場に「大型新人」が登場した。ショート動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の運営企業として知られるアプリ開発大手の字節跳動科技(バイトダンス)だ。

同社の事業部門の1つで法人向けサービスを手がける「火山引擎(ボルケーノ・エンジン)」は12月2日、上海で開催したイベントでパブリック・クラウド・サービスへの参入を公式に宣言。IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)や動画・コンテンツの配信プラットフォーム・サービス、AI(人工知能)サービスなど、5分野の合計78種類のサービス・メニューを発表した。

「われわれの目標は、クラウドコンピューティング市場のメジャー・プレーヤーの1社になることだ。潜在力のある顧客との深い協力を通じて、今後2~3年のうちにモデルケースを作り上げたい」。火山引擎のトップを務める譚待氏は、財新記者の取材にそう意気込みを語った。

譚氏が社外の調査会社のレポートをもとに語ったところによれば、(クラウド・サービスを利用している)中国企業の92%は複数のクラウド・サービス・プロバイダーと契約しており、契約先数の平均値は2.6社だという。

「中国市場全体では、クラウドの普及率はまだ低い。すでにサービスを利用しているユーザーも、契約先を1社にまとめられているケースは少なく、後発組にも十分チャンスがある」(譚氏)

「一朝一夕には追いつけない」

バイトダンスの参入により、中国のクラウドコンピューティング市場で競争が激化するのは間違いない。譚氏によれば、火山引擎のクラウド・サービスのモットーは「究極の価格性能比を追求する」ことだ。しかし同時に、譚氏は「価格競争には走らない」と強調した。

だが、バイトダンスの参入は遅きに失した感が否めない。現在の中国市場では、電子商取引(EC)大手の阿里巴巴集団(アリババ)傘下の「阿里雲(アリババ・クラウド)」、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)傘下の「華為雲(ファーウェイ・クラウド)」、ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)傘下の「騰訊雲(テンセント・クラウド)」が「3強」としての地位を固め、市場全体の約6割のシェアを握っている。

本記事は「財新」の提供記事です

後発のバイトダンスが3強に割って入り、大きな市場シェアを奪取するのは並大抵のことではない。財新記者の取材に応じたアリババ・クラウドのあるエンジニアは、次のようにコメントした。

「IaaSは初期投資額が大きく、競合他社との差別化が難しいため利益率を高めにくい。(長年かけて現在の地位を築いた)アリババや競合大手の蓄積は、バイトダンスが一朝一夕に追いつけるものではないだろう」

(財新記者:張而馳)
※原文の配信は12月3日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT