中国雲南省とラオス首都を結ぶ「中老鉄路」開通

全線に「中国規格」採用、投資も建設も中国主導

中老鉄路を走る高速旅客列車「瀾滄号」の車両は、中国の大手国有企業が製造した(写真は国家鉄路集団のウェブサイトより)

12月3日、中国雲南省の省都の昆明とラオスの首都のビエンチャンを結ぶ国際鉄道「中老鉄路(中国ラオス鉄道)」が開通した。

同日午後に開催された開通式典には、中国の習近平国家主席が北京から、ラオスのトンルン・シスリット国家主席がビエンチャンから、それぞれオンラインで出席。両主席による「発車」の号令により、昆明駅とビエンチャン駅から双方の一番列車が同時に出発した。

中老鉄路の全長は1035キロメートルにおよび、昆明から玉渓までの「昆玉区間」、玉渓から中国側国境の磨憨(モハン)までの「玉磨区間」、ラオス側国境のボーテン(磨丁)からビエンチャン(万象)までの「磨万区間」という3区間に分かれている。

今回開通したのは新たに建設された玉磨区間と磨万区間だ。前者の全長は507キロメートル、後者は422キロメートルで、設計時速160キロメートルで運行される。昆玉区間は既存の路線を改造して2016年に開通済みで、全長は106キロメートル、設計時速は200キロメートルだ。

中国の国有鉄道会社の国家鉄路集団によれば、中老鉄路は当初は昆明-ビエンチャン南駅間で1日2往復の国際貨物列車、ビエンチャン-ボーテン間で同2往復の旅客列車、昆明ー磨憨間で1日最大17.5往復の旅客列車を運行する(訳注:新型コロナウイルスの防疫対策で国境を超える人流が制限されているため、国際旅客列車は当面運行されない)。

ラオス側の建設主体に中国が7割出資

中老鉄路は中国政府の「一帯一路」構想の下、中国主導で投資・建設された初の国際鉄道であり、「中国規格」が全面的に採用されている。中国側の新設路線である玉磨区間の建設には、国家鉄路集団と雲南省政府が共同で総額516億元(約9148億6800万円)を投資した。

一方、ラオス側の磨万区間は、中国とラオスの合弁会社である「ラオス中国鉄道」が総額374億元(約6631億円)を投じて建設した。同社の出資比率は中国側が70%、ラオス側が30%となっている。

本記事は「財新」の提供記事です

中老鉄路の旅客輸送を担う高速列車「瀾滄(ランツァン)号」の車両も、中国の国有鉄道車両大手、中国中車集団の子会社が製造した。瀾滄号には、列車の両端に動力車を配した動力集中方式の高速列車である「復興(フーシン)号」の技術が使われている。

(財新記者:白宇潔)
※原文の配信は12月3日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT