初披露、TikTok運営「バイトダンス」決算の中身 経営トップと全従業員の社内交流会で公表した

✎ 1〜 ✎ 553 ✎ 554 ✎ 555 ✎ 最新
拡大
縮小
TikTokの運営会社である字節跳動科技は財務状況を初めて公開した。写真はイメージ(編集部撮影)

ショート動画アプリTikTok(ティックトック)など複数の人気アプリを運営する中国の字節跳動科技(バイトダンス)は6月17日、経営トップと全従業員との社内交流会を開催した。

この席上で、未上場企業である同社の財務状況が初めて披露された。CEO(最高経営責任者)を務める梁汝波氏の説明によると、2020年の通期の売上高は前年比2.11倍の2366億元(約4兆719億円)、純損益は147億元(約2530億円)の赤字だった。

今回のような交流会は初めてではない。これまでも共同創業者である前CEOの張一鳴氏と、同じく共同創業者の梁汝波氏が参加し、オンラインとオフラインを併用して開催してきた。一般社員も自由に質問できる。

梁氏は財務状況を公開した理由について、「わが社の事業規模は大きくなり、新たな段階に入りつつある。社内外に対して(経営状況に関する)透明性と開放性を高めたい」と説明した。そのうえで「新しい事業を始める際にも、事業の関連データや売上高と損益を含む財務データを社員の皆さんにお知らせする」と約束した。

月間アクティブユーザー数は19億人

交流会では財務状況のほか、バイトダンス傘下のアプリが2020年末時点で150を超える国と地域で利用され、月間アクティブユーザー数が合計19億人に上ることも明らかにされた。これらのアプリには35以上の言語が対応しているという。

本記事は「財新」の提供記事です

財新記者は取材を通じて入手した交流会の情報を基に、バイトダンスに対して赤字決算の原因や、公表された財務データに海外事業分が含まれているか、また今後の財務状況開示のタイムスケジュールなどについて問い合わせた。だが同社からの回答は得られていない。

現在のバイトダンスの主力アプリは、TikTokのほか、その中国国内版である「抖音(ドゥイン)」、ニュースアプリの「今日頭条」などで、1日当たりのアクティブユーザー数はそれぞれ億単位に上る。なお、TikTokはバイトダンスにとって海外市場で最も成功した製品だ。調査会社のセンサータワーによれば、2020年1月1日から12月17日までの期間に、TikTokのダウンロード回数は全世界で9億6100万回に達した。

(財新記者:関聡)
※原文の配信は6月17日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT