商船三井流「ばくち経営」、新社長が挑む勝率上げ

これらの体験を基に、情報収集力をさらに高める「コンパス会」が設置された。事業部門ごとに課長以上を集め、現場情報を社長が直接吸い上げるほか、その部門の方向性を定めるために意見を戦わす。6月29日から週2部門の開催で、1カ月半で1回転。それを何回転も繰り返す。

「歴史観や世界観、経済の知識を総動員して現場の情報を一覧すると、それまでとは違った絵が見えてくる。勘も鍛えられる。最後の最後は経営者の勘だから、海運会社の経営判断がばくちなのは昔も今も変わらないが、コンパス会でその勝率を上げる」と武藤社長は意気込む。

ばくちとはリスクテイク “長契=安泰”ではない

商船三井流ばくち経営への批判は、ケープサイズのフリーポーションの高さにもある。日本郵船や川崎汽船がスポット運賃での運航比率を1割以下に抑えているのに対し、商船三井は2割強だ(下グラフ)。隻数にして商船三井が約30隻、日本郵船が約10隻。この約20隻の差が収益力格差を生んでいるが、「市場リスクを取って収益を得ている」と安岡専務に悪びれる様子はない。 

 

ケープサイズの1日当たりの市況運賃は10万ドル近くから1万ドル未満まで大きく振れる(下グラフ)。採算ラインは2万~3万ドル。スポット運賃は市場動向を予測しながら荷主と相対で決めている。採算線よりも高い契約を増やし、安い契約を減らさなければ利益は増えない。 

 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT