商船三井流「ばくち経営」、新社長が挑む勝率上げ

武藤社長の頭の中で、ばくちはリスクテイクを意味しているようだ。武藤社長は、「リスクを取らなければ株主が期待する利益を上げられない。海運業は資源需要など世界経済を先読みする力を磨いてリスクテイクするビジネス」と断言する。

スポット運航以外は長期契約(長契)での運航だ。同業他社は長契化を熱心に進めるが、「3年以上先の運賃を固定する長期契約にはインフレリスクがある。長契は必ずしも安定利益にはならない」と武藤社長は喝破する。大手海運では「収入は100%ドル建て、支払いは100カ国の各国通貨」(芦田会長)。支払い先は新興国が多く、新興国の高成長に伴う物価上昇で支払い負担が増す一方、収入を長期で固定すると、いずれ儲からなくなるリスクがある。

実際、商船三井も痛い目に遭っている。過去に長契を推進した木材チップ船のうち何隻かは船費上昇で、収支トントンまで収益力が落ちた。

さらに、海運バブルピークの08年央に発注した船の竣工も控える。商船三井はまだ軽症とはいえ、過去の判断ミスから選択の幅に制約を受けつつ、将来を見据えて船舶投資の規模やタイミングを考えなければならない。その構図自体は他社と変わらない。たとえばケープサイズ1隻だけだが、1日5万ドル近い運賃をもらわなければペイしない高船価の船が商船三井でも、これから出来てくる。そんな中、芦田時代に匹敵する1兆円の利益を積み上げられるか。最年少社長の悪戦苦闘が始まった。

■商船三井の業績予想、会社概要はこちら

 

 

(週刊東洋経済2010年7月31日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT