マツダが実現した「緊急時に命守る」スゴ技の正体

ドライバーに異変生じた際に自動で止まる仕掛け

先進安全技術の存在が、まるで自分の分身のように感じられて心強いと感じたと筆者は言う(筆者撮影)
この記事の画像を見る(17枚)

筆者は今年の夏、体調を大きく崩した。幸い新型コロナウイルス感染症ではなかったが、8月は丸々病室の天井を見上げる日々。体重はおろか筋肉量も激減し、体力の衰えを明確に自覚した。

回復後、専門医指導のもとでリハビリし筋力トレーニングで身体を整えた。そして迎えた久しぶりの運転……。まるで運転免許証取り立ての頃のように落ち着かない。運転に不安を感じ始めるという高齢ドライバーの気持ちが少しだけわかった気がした。

体調を崩す前までは、「知ってるよ、お節介だな~」と思っていた愛車であるマツダ「ロードスター」の「BSM」が発する黄色のインジケーターに、システムから守られているような安心感を初めて抱いた。

BSMとはブラインドスポットモニタリングのこと。死角にいる車両や後方から迫る車両の存在を音と光で教えてくれる先進安全技術だ。購入当初、BSMは「セーフティパッケージ」としてメーカーオプションに含まれていたが、背の低いスポーツカーでの安全確認は上半身を大きく捻転させる必要があるため、身体能力の衰えた将来の自分を想定して選択していた。

ともあれ6年以上連れ添ったロードスター。先進安全技術の存在が、まるで自分の分身のように感じられてちょっと心強かった。

運転中のドライバーに異変が発生した際に自動停車

マツダはこのたび、高度運転支援技術「MAZDA CO-PILOT CONCEPT1.0」と「MAZDA CO-PILOT CONCEPT2.0」を発表した。1.0は2022年に発売される新型車から導入され、2.0は2025年以降の実用化を目指す。

ドライバーの異常を検知するための研究開発(筆者撮影)

「Co-Pilot/副操縦士」の名が付くように、Pilotであるドライバーをサポートする仮想ドライバーとしての役割をMAZDA CO-PILOT CONCEPTが担う。目指したのは冒頭の筆者が感じた、自分の分身のような存在になることだ。

MAZDA CO-PILOT CONCEPT1.0と2.0は、いずれも運転中のドライバーに異変が発生した場合に自動停車させる技術で、さらに2.0では一般道路での左折や車線変更も自動で行う。

自動停車を行う制御モードの発動には次の2つの方法がある。

①/システムがドライバーモニタリングカメラや運転操作などの情報から異変を察知して、自動で停止までの制御モードを発動させる方法。

②/運転中のドライバーが体調異変を感じ、自ら作動スイッチを押して停止までの制御モードを発動させる方法。

次ページベースとなった国の取り決めを確認しておこう
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT