創業者たちが大手テック企業を「去り始めた」事情

ジャック・ドーシーはツイッターCEOを退任

11月29日付でツイッターの経営トップを退いたジャック・ドーシー。彼をはじめ、テック業界の大物たちに何が起きているのか(写真:Eva Marie Uzcategui/© 2021 Bloomberg Finance LP

2015年にジャック・ドーシーが暫定CEOとしてツイッターに復帰したとき、彼は同社のアプリを「世界意識に最も近いもの」と宗教にも似た熱意で褒めちぎった。

だが、そのドーシーは11月29日付で経営トップから退いた。従業員宛のメッセージには、ツイッターは「創業者の影響や指示から解放されて自立すべきだ」と記され、CTOのパラグ・アグラワルがCEOに昇格し、ブレット・テイラーが取締役会議長に就任することが発表された。

ドーシーの退任は驚くようなことではない。ドーシーは過去1年以上にわたって、アクティビスト(物言う株主)のエリオット・マネジメントから業績改善を求める圧力にさらされてきた。ドーシーは自身が共同で立ち上げた急成長中の決済サービス企業スクエアの経営にも携わっており、どこかの段階でどちらかのCEOから退くとみられていた。そして下されたのは、ツイッターを去るという決断だった。

帝国を後に起業の熱狂に舞い戻る

とはいえ、ドーシーをはじめとするテック業界の大物たちには、もっと別のことが起きているように見える。彼らはマネジメント(経営・管理)に飽き飽きしてじっとしていられなくなり、冒険を求めて会社を飛び出すようになったのだ。

冒険心を抑えられなくなったジェフ・ベゾスは今年、アマゾンのCEOを辞めて、子ども時代から夢想していた宇宙旅行を実現した。グーグルを創業したラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンも2019年に経営トップから退き、以降は飛行船や空飛ぶタクシーなど未来チックなプロジェクトへの投資を進めている。

マーク・ザッカーバーグは今もフェイスブックの経営を続けているが、社名を「Meta(メタ)」に変更。ネット上の仮想空間「メタバース」へと事業の軸足を大きく移すことで、大規模化してつまらなくなった企業カルチャーに新奇性とワクワク感を注入しようとしているように見える。

ここに来てテック企業幹部の退任が相次いでいる背景には、シリコンバレーのテック企業が巨大化したという現実がある。企業規模があまりに大きくなり、そしてあまりにも儲かるようになったため、もはや先見の明のあるビジョナリーな創業者は必要なくなった。利益を生み出すマシンをしっかりと回し、致命的なミスを回避できる有能な管理者がいればそれで十分、という状況になったのだ。

次ページドーシーが次に目指すことは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT