「夏の終わりのハーモニー」相場は続くか

【今週の相場】株価と「キティちゃん」の微妙な関係

企業の自助努力もあって、収益を悪化させる企業よりも、改善する企業の数がジワジワと優勢となって、結果として算出される日経平均株価もジワジワ上昇基調をたどりそうだ。

前週末の5日に発表になった米雇用統計は、非農業部門の雇用者数の増加幅が予想より小さかったが、失業率は低下した。米国市場は、「基調としての米景気改善は不変」とみているようだ。

結局は、海外投資家が相場を牽引か?

加えて、日本の経済実態が、消費増税後にジワジワと持ち直し(百貨店大手5社は、各社とも8月の売上高前年比がプラス)、株価を上昇方向へ押し出していく展開が期待される。短期的には「キタイちゃん」による上下動があっても、長期的には「押し出し」だ。

かつて為替市場で投機筋として暗躍した海外資金は、スイスを中心とした金融筋が中心だったこともあり、「チューリッヒの小鬼」と呼ばれた。日本の株価を、経済の実態改善に沿って押し出す(=引き上げる)主体となる鬼も、結局は引き続き海外投資家なのだろうか。

GPIFなどに頼らず、早く国内投資家が「鬼押し出し」の主導権を握ってほしいものだ。今週の日経平均のレンジ見通しは、下値が1万5500円前後、上値は1万6000円前後を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。