「夏の終わりのハーモニー」相場は続くか

【今週の相場】株価と「キティちゃん」の微妙な関係

GPIF改革に積極的な塩崎氏が厚労相に就任。今後の株価はどうなる(AP/アフロ)

9月第1週の日経平均株価は2日から3日にかけて上振れし、一時は1万5829円まで上昇。週末は利益確定売りに押されたが、5日(金)の終値は1万5668円と、1万5700円前後で値を保った。

戻ってきた、「相場の主役」たち

この背景には主に4つの理由が挙げられそうだ。すなわち、1)ウクライナとロシア間での停戦に向けた動き、2)ECB(欧州中央銀行)の利下げによる世界的なカネ余り期待、3)日本国内においては、3日の内閣改造後の経済政策発動への思惑、4)国内公的資金の外貨資産買い観測による米ドル高・円安、といったところだろう。

マーケットの世界では、米国レイバーデーの祝日(今年は9月1日)は「夏の終わり」を告げるイベントであり、海外投資家が夏休み気分を脱して市場に積極的に参加してくる、と言われる。そこに上記のような「4つの材料」が加わり、夏の終わりの株高というハーモニーを奏でた、というところだろう。

次ページ「キティちゃん」ではなく市場の「キタイちゃん」!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。