衆院選から1カ月、日経平均は今後どうなるのか?

05年、12年は3カ月後も上昇率30%前後を維持

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第25回後編のテーマは、「衆議院選挙後の株価について」。東洋経済新報社の福井純「会社四季報オンライン」編集部長が解説します(詳しくは動画をご覧ください)。

株式市場では「解散は買い」「選挙の投開票日までは株価が高い」などといった話がよく言われる。実際、与党の選挙公約などをハヤし、短期筋の投機資金が入ったりすることで上昇するケースは少なくない。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

だが今回、10月31日に行われた衆議院選挙前の株価はまれに見る乱高下となった。菅義偉首相(当時)の再選が危うくなった前後から株価は急騰。さらに不出馬表明で「自民党の大敗がなくなった」「日本の改革が進展する」などと見られたことなどもあり、日経平均株価は9月14日に終値で3万0670円をつけた。

その後は逆に改革への期待がしぼみ、選挙では自民党が絶対安定多数の261議席を確保したにもかかわらず、株価は伸び悩んだ。

では、衆院選挙後の株価はどうなるだろうか。過去では2005年の「郵政解散」(小泉純一郎政権)時や、2012年(民主党から自民党への政権交代時)では、選挙後3カ月後、半年後も日経平均は30%前後の上昇率を維持したが、今回はどうか。

福井氏は「好材料と悪材料が相半ばする」と言う。例えばドル高円安をどう見るかだが、ドル高局面では自動車産業には明らかにプラス。半導体不足などが指摘されているが、この影響も峠を越えつつあり、明るい見通しが持てそうだ。

一方で、悪材料も多く見受けられるが、どの程度深刻なのか。2022年に向けての方向性は上昇でいいのか。詳しくは動画をご覧ください。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT