日経平均が3万円手前でグズグズしている理由

市場が恐れているのはインフレ懸念だろうか

岸田政権はバラマキ批判を封じ込めつつ、大型経済対策を打ち出そうとしているが、株価の反応はイマイチだ。何が問題なのだろうか(写真:アフロ)

例によって、まずは少し時計の針を戻して相場を見てみよう。「自民党衆議院選挙で惨敗予想」で動いていた10月最終週(25~29日)の日経平均株価は、気迷いの中でかなりの「ヘッジ売り」を受けていた。

結果は、自民党が絶対安定多数の261議席を獲得。11月のスタートは売りを立てていた勢力の買い戻しを主力に754円高となった。日経平均のチャートを見ても「強気シグナル」といわれる「大きなマド」を開け、25日移動平均線との上方乖離率は3%を超えた。

さらに、10月5日の2万7822円を下値とする上昇波動で見ると、直前の高値だった10月20日の2万9255円を抜いたことで、上昇第3波が発生したことになる。

自民予想以上の勝利でも株価がハッキリしないワケ

市場はこの時点で、年末高を期待して大いに盛り上がったが、期待はすぐに裏切られた。11月5日からの4連続安で、逆に強気シグナルが消える「マド埋め」の可能性が出たからだ。兜町では「なぜだ?」の声があふれた。

幸い、先週は11、12日の2連騰で「上値トライか調整安か」のせめぎ合いは、上値トライが勝ちそうな気配だが、はっきりしない展開に不安は消えていない。

その理由はいくつかあるが、新政権に対する期待がまだ固まっていないことが一番大きい。第2次岸田文雄内閣が10日にスタートしたが、早速岸田首相は記者会見で「歳出規模30兆円以上の経済対策」を正式に打ち出し、「年内のできるだけ早いタイミングで2021年度補正予算を成立させる」とした。

次ページ「大型経済対策出動」なのになぜ株価は「イマイチ」?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT