安楽死の現実に向き合った看護師が到達した結論

がんに苦しむ若い女性の希望を医師が拒むとき

「安楽死を遂げる権利は誰にもある」という考えを変えたオランダの看護師の実話をお届けします(写真:mits/PIXTA)
医師や看護師たちが「自分の人生を変えたひとりの患者」について語ったインタビューをまとめたオランダの日刊紙『デ・フォルクスラント』のコラム「ある特別な患者」。
書籍化されオランダのベストセラーとなるとともに、アメリカをはじめ世界中で続々と翻訳出版されている。「コロナで死に瀕した女医を見守った看護師の回顧」(12月3日配信)「嘘を通した母に殺された少女が残した悲しい教訓」(12月10日配信)に続いて、日本でも刊行された本書『ある特別な患者』の中から安楽死に関するコラムをお届けする。

人生の最盛期に迎えた悲しい宣告

●母親/パウラ・フルーネンダイク(看護師)

彼女は、活発で魅力的な20代後半の女性だった。夜遊びが好きで、流行に敏感で、休暇になると旅行に出かけて……まさに人生の最盛期にいた。

しかし、そうした日々はとつぜん終わりを迎える。ある日、彼女は末期の子宮頸がんだと宣告された。もはや治す手立てはなく、痛みを多少やわらげる以上のことはできなかった。

私の働く病院に入院していた彼女は、ある夜、私に向かってこんなことを言ってきた。

「ねえ、パウラ。こんなのもう耐えられない」

彼女の腹部と両足は薬の影響で腫れ上がり、表情には苦痛と憔悴の色がはっきりと見てとれた。

彼女はこう続けた。「人生でいちばんすてきな時期のはずなのに、こうして弱っていくことしかできないなんて」

私は夜間のシフトに入ることが多い。昼間に比べ、夜は患者の本音を聞くことが増える。見舞い客が家に帰り、医師が病室を出ていき、静寂と暗闇が訪れると、患者は内省的になるものなのだ。

本人からの安楽死の希望

ある夜、女性は私に「安楽死させてほしい」と言ってきた。その日は真剣にはとりあわなかったのだが、翌日の夜も同じことを言われたので、私は彼女の主治医にそのことを伝えた。
でもその医師は、安楽死について彼女に説明したあと、まだその判断を下すつもりはないと言った。痛みを緩和する方法はまだ残っているし、あと数カ月は容体も安定しているはずだ、と。

そう伝えると、彼女は憤慨した。

次ページ彼女の気持ちもわからなくはなかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT