嘘を通した母に殺された少女が残した悲しい教訓

いじめ虐待調査医の感じた一抹の不安が的中した

見抜けなかった児童虐待が悲しい教訓を残した(写真:spukkato/PIXTA)
医師や看護師たちが「自分の人生を変えたひとりの患者」について語ったインタビューをまとめたオランダの日刊紙『デ・フォルクスラント』のコラム「ある特別な患者」。
書籍化されオランダのベストセラーとなるとともに、アメリカをはじめ世界中で続々と翻訳出版されている。「コロナで死に瀕した女医を見守った看護師の回顧」(12月3日配信)に続いて、日本でも刊行された本書『ある特別な患者』の中から虐待に関するコラムをお届けする。

娘は病気だと言い張る母親

●屈託のない子 /ネンス・クーベルグ(いじめ虐待調査医)

その6歳の少女は、頻繁に医師のもとを訪れていた。

あるとき、その少女の通っている小学校から私のもとに連絡があった。どうやら、その子の母親から「うちの子は体調を崩しがちなんです」と言われ、どうすればいいかわからず、私たちに相談することに決めたようだ。

その母親は、最初のうちは「娘は胃腸の調子が悪い」としか言わなかったものの、やがて「娘がすぐに息切れする」「ときどき発作を起こして意識を失う」といった話までするようになった。そのうえ、娘が学校に行くときは常に薬を持たせ、症状が出たときはそれを飲ませてほしいと担任に伝えていた。

しかし妙なことに、学校にいるあいだ、その少女はとても元気そうだった。屈託がなく、活発で、いつもほかの子どもたちと楽しそうに遊んでいた。

「どうも……体調が悪いようには見えません」。校長先生はきっぱりとそう言った。

ところが、その母親のかかりつけ医は彼女に深く同情し、全面的にサポートすると申し出た。そして、そのかかりつけ医は、彼女の娘に大学病院で検査を受けさせることにした。

次ページ聞き入れられなかった意見
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT