ユニクロ、異例の「慎重計画」に見える難題【動画】

在庫適正化や人権問題への対応が迫られる

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは右肩上がりの成長を至上命令にしてきました。

ファーストリテイリングにしてはとても慎重

今期はその方針が少し違っているようです。

2022年8月期の業績予想について会社側は売上高2兆2000億円、営業利益は2700億円を発表しています。

これは売上高が前期比3%増、営業利益は8.4%増となる計画ですが、
同社にしてはとても慎重です。

この裏側には何があるのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』で配信した「ユニクロ、異例の「慎重計画」の裏で試される難題」をもとにポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT