ユニクロ、異例の「慎重計画」に見える難題【動画】 在庫適正化や人権問題への対応が迫られる

拡大
縮小

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは右肩上がりの成長を至上命令にしてきました。

ファーストリテイリングにしてはとても慎重

今期はその方針が少し違っているようです。

2022年8月期の業績予想について会社側は売上高2兆2000億円、営業利益は2700億円を発表しています。

これは売上高が前期比3%増、営業利益は8.4%増となる計画ですが、
同社にしてはとても慎重です。

この裏側には何があるのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』で配信した「ユニクロ、異例の「慎重計画」の裏で試される難題」をもとにポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT