ポルシェ911「3235万円最上級車」の凄まじい実力

ターボSカブリオレに見たスポーツカーの最高峰

911カレラ2台分を軽く超える値をつける「911 ターボ S カブリオレ」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(14枚)

ポルシェのウェブサイトを見ると、ものすごい数のラインナップが並んでいる。1つひとつ数えたところ、75種類におよぶ。その中でも価格において、トップに君臨するのが「911 ターボ S カブリオレ」である。モデルによっては1円単位の表示ゆえ、桁数がよくわからなくなってしまう車両本体価格は、このケースではきっかり3235万円だ。

「ターボ」や「GT」、レーシングスポーツを意味する「RS」といったモデルは、日本のポルシェマニアの間で「役付き」と呼ばれる。役付きといえば、世間一般では管理職の総称である。趣味のクルマをそんなふうに呼ぶのもどうかと思うが、「役」には麻雀とか相撲における上位をあらわす意味もあるから、そちらから発展した通称かもしれない。

ともかく、現在最高額のポルシェは、「911」であり「ターボ」であり「S」であり「カブリオレ」でもある。麻雀はあまりしない筆者だが、たとえるなら「大三元・四暗刻・字一色」みたいな、そんな最高峰のテストカーが広報車として用意されているので、味見してきた。

過酷なレースにも強い911の素性

911は現代のクルマの中で唯一、リアエンジン・リアドライブの基本構成を守っている。「911 ターボ」はその高性能バージョンとして1975年に登場。車体の後方に大きく重いエンジンを置き、その直下にある後輪を駆動する方式であればこそ、260ps/35.0kgmというビッグパワーを制御することができるという、その時代のポルシェの主張がかたちとなった。

911の基本構成の優秀さ、すなわち軽量コンパクトで、堅牢に作られ、空気抵抗が少なく、かつ信頼性も高いというアドバンテージは、ル・マン24時間で108回もクラス優勝を飾ったこと(総合優勝も最多の19回)、過酷さで知られるニュルブルクリンク24時間レースにおける13回の総合優勝に、象徴される。

次ページ650馬力を受け止める各種の機構
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT