若者たちがハマる「高カロリーフード」流行の真相

「ジャンキー×写真映え」という新しい潮流

以上、さまざまな「ギルティー映え」について取り上げた。近年の若者は、綺麗でお洒落な食べ物や場所によってインスタ映えを狙っていたが、今の若者はギルティフードのようなインパクトのあるもので映えを狙う傾向がある。

外出が自由にできず、健康に気を付けなければならない現状だからこそ、ストレスは生まれる。そんなストレスを発散しながら、更にインスタ映えも狙いたいという欲張りな若者に刺さるような新しいコンテンツが、今後も生まれてくるのではないだろうか。

原田の総評:コロナストレスを和らげるために

現役大学生の「ギルティー映え」についてのレポートはいかがでしたでしょうか?

アルコールが禁止されているドバイでストレス発散のためにスイーツが発展しているように、長く続くコロナ禍においてZ世代の若者たちの間ではコロナストレスを和らげるために高カロリーの「ギルティーフード」がはやったのかもしれません。

何度も繰り返される緊急事態宣言によって、人に会ったり、水着を着て海やプールに行く機会が減ったということもあり、例年に比べると体型を気にしなくてもよかった、ということも「ギルティーフード」の流行の理由のひとつかもしれません。

いずれにせよ、ダイエットや体型を気にしてきた若いZ世代が、様々なギルティーフードを体験したこの1年半、彼らの間に「たまにはギルティーフード」「ギルティーフードによるストレス発散」という食生活は根付いたかもしれません。

様々な飲食メーカーは、この彼らの間にコロナ禍に根付いた新しいニーズを今後も狙っていくとよさそうです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT