コロナ禍の「2022年日本」をうらなう3つの視点

岸田文雄政権が直面する最重要課題とは何か

2022年の世界と日本をうらなう3つの着目点とは? (写真:Ryuji/PIXTA)
2020年初から世界を揺るがしてきた新型コロナウイルスは、2年近くを経た今も収束せず、人々の健康、生活、社会、経済に大きな影響を与え続けている。
しかしこれまでも世界は危機のたびに進歩し、より強くなってきた。『経済がわかる 論点50 2022』の巻頭言を執筆したみずほリサーチ&テクノロジーズで理事長を務める中尾武彦氏が、回復への期待が高まる世界と日本の注目点を解説する。

新型コロナがもたらすポジティブな影響

思い返してみると、第2次世界大戦後の世界においても、アジアだけをとっても各国の独立戦争、冷戦の影響、ベトナム戦争、文化大革命、カンボジア内戦、アフガニスタン戦争、クーデターなど、多くのできごとに揺り動かされてきた。

『経済がわかる 論点50 2022』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし、新型コロナのように、これだけ世界中の国が、これだけの規模で、これだけの期間にわたり、困難に見舞われるということはなかった。

幸い、ワクチン接種が多くの国で進んだことにより、経済活動の再開が進み、2021年と2022年の世界経済は回復経路にある。アメリカ、欧州、中国、日本、そして世界は、2020年のマイナス成長から2021年と2022年は一定程度の高い成長が予想される。

リモートワークなどの行動変化に伴い、たとえば巣ごもり需要といわれるような新たな消費、デジタル・トランスフォーメーション加速のための投資など、新たな需要も生まれてきている。

次ページ2022年の世界と日本はどうなるのか?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT