「信頼できる政治家」2000年前に語られていた本質

古代ローマ「祖国の父」キケロの今にも遺る言葉

国政を預かる者は誰しも、市民が私有財産を守れるように、そして個人の合法的な財産を国家が取り上げることのないように、まず取り計らわなくてはいけない。

フィリップスは護民官だったときに、土地を分配するという破壊的な法案を提出した。法案が否決されると彼はそれをしかと受け入れ、潔く負けを認めたが。

とはいえ法案を擁護する演説では、ローマで何らかの資産を所有している人は2000人にすぎないなどと言って恥知らずにも民衆に迎合していた。

この種の誇張もそうだが、資産の均等化を唱える提案自体、非難されるべきものだ。これ以上に破壊的な計画など考えられるだろうか?

実際、ともかくも我々が憲法と政府を持つ主な理由は、個人の資産を守るためなのだ。人間が最初に集まってコミュニティを形成したのが自然の導きだったとしても、自分の正当な所有物は守れるはずだという希望を持って、人々はそうしたのである。

我々の祖先は、空の国庫と絶え間ない戦争を理由に、人民に財産税を課したが、政治的指導者たる者、そのような課税は避けるように努めねばならない。

この種の課税をおこなわないでいいように、前々から対策を講じておくべきだ。

もしそのような負担が国にとって(特にローマのことを言っているわけではなく、どの国でも同じだが)絶対に必要となれば、政府の役人は、市民の安全と安心が、その税の導入にかかっていることを皆に理解させなければいけない。

市民が生活必需品を豊富に持てるよう計らうことも、国政に携わる者の必須のつとめである。何が生活必需品かについては、わかり切ったことなので詳しく話す必要はない。簡単だがこれで十分だろう。

より大きな善のためにプライドを抑えられるか

カエサル、ポンペイウス、クラッススが、水面下でローマの実権を掌握するべく三頭政治(注3)を結成したとき、彼らはキケロにも加わるよう誘った。
主義に反することとしてキケロはこれを拒否したが、現実的に考えて、共和政を再建したいのであれば3人との協力が不可欠であることはわかっていた。
後に旧友のレントゥルス・スピンテル(注4)へ送った手紙では、政治家は、より大きな善のために時にはプライドを抑えなければならないと説いている。
*(注3)3人の政界有力者が結んで政権を独占した政治。
*(注4)プブリウス・コルネリウス・レントゥルス・スピンテル。紀元前57年の執政官で、キケロの友人。キケロが亡命先から帰国し、失った資産を取り戻せるよう手助けした。
次ページもしも悪党やならず者どもによって国家が支配されていたなら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT