TBSの「Netflix独占配信」に透けるテレビ局の憂鬱

Paravi不発で方針転換、看板ドラマで異例の策

TBSは看板ドラマ枠「日曜劇場」のドラマを、ネットフリックス、ディズニープラスに配信し始めた。今後も300億円規模の予算で、世界展開の拡大を狙う(撮影:今井康一)

『イカゲーム』『愛の不時着』『梨泰院クラス』

ネットフリックスでの世界配信を起点に、人気が高まっている韓国ドラマ。これらを追うように、日本を代表するテレビ局が全世界配信への意識を強めている。

10月6日、TBSは現在放送中で看板ドラマ枠である日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』を放送の3時間後にネットフリックスで配信すると発表した。

看板ドラマでは異例のケース

テレビ局が地上波で放送中のドラマを、自社が運営参画する動画配信サービスへ展開することは一般的だ。また、ネットフリックス配信を前提にしたドラマ制作なども存在する。しかし、日曜劇場のような看板ドラマを他社サービスへ放送と同時期に配信することは、極めて異例だ。

ネットフリックスは世界190カ国以上、2億1360万人もの会員がおり、その影響力は計り知れない。自社コンテンツをネットフリックスで配信することで、日本国内だけではなく全世界へ一括して届けることができ「今までは(各国のローカルのテレビ局や動画配信サービスへ)1カ国、1カ国売っていたのに対して、ネットフリックスに販売すれば手間が少ない」(キー局幹部)というメリットもある。

TBSはアメリカのディズニーが運営する「ディズニープラス」にも、2021年7〜9月に放送したドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を配信。外資プラットフォームへのコンテンツ供給を拡大させている。

こうした外資プラットフォームへのコンテンツ供給から透けて見えるのは、TBSをはじめとする日本の各テレビ局の苦しい立場だ。

次ページ「Paravi」で目に付く出遅れ感
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT