岸田奈美さん「家族の一大事も10年後には笑い話」

人気作家が考える「今」を乗り切る思考法とは?

人気作家の岸田奈美さんに、「今」を乗り切る思考法をうかがいました(写真:domani)  
岸田奈美さんがつづる家族のエッセイは、笑えて、泣けて、考えさせられる珠玉のハプニング集。この1年で大きな変化のあった自身の「家族のかたち」を振り返りつつ、「書くこと」の本質に迫ります。

エッセイは「うれしいこと」「好きな気持ち」のおすそ分け

10年たてば、どんな苦労もみんな笑い話

ブログサービスnoteでの文章をきっかけに、2020年は初エッセイ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』が大ヒット。悲劇も喜劇も入り混じったエピソードには、読み手の日常のモヤモヤを晴らす不思議なパワーがあります。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

そして先日、待望の最新刊『傘のさし方がわからない』が発売に。初エッセイの印税と全財産を使って、車いすユーザーの母のために外車・ボルボを買った話から始まり、祖母や弟に起こったあれこれまで。今回も、岸田さんと家族の日常の泣き笑いが、ぎゅっと凝縮されています。

(写真:domani)

「見て見ぬふりをしていた家族のしんどさが、この1年で一気に噴出しました。祖母はもの忘れがひどくなり、母は心内膜炎の大手術、ダウン症の弟はグループホームに通い出し……。いろんな変化が起こり、私自身は福祉の手続きにかけずり回ったり、相変わらずトラブルに巻き込まれたり。さらには、30歳前後で体の不調が多くなったりも。

でも、将来起こるかもしれなかった大変なことが、“たまたま今起きているだけ”と考えればなんとかしのげます。それに、10年たってみたら、どれも笑い話になりますから」

「もし、今がどうしてもつらかったら、心の雨戸を全部閉めて、ただただ嵐が過ぎ去るのを待つのも、いいでしょう。乗り越えなくてもいい。しのげるだけでも、ずいぶん気持ちが軽くなると思いますよ」

次ページ育児も介護も他人に頼っていいんです
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT