オシャレ車の代名詞「MINI」に乗る人の嗜好とは MINIと「その他」の新車購入者データを比較

印刷
A
A

上位は普遍的な項目が多いので、新車購入者全体とほとんど差はない。そこでMINIオーナーと新車購入者全体とを比較して、差分が大きかったところを取り出してみる。

すると、差分の大きかったトップ3は「ショッピング」「芸術・文化を楽しむ」「勉強する時間」となり、MINIオーナーは自身の成長や楽しみのための時間をより大切にしていることがわかった。

次に「時間を割いていること」の結果を見てみると、こちらもトップは「趣味を楽しむ」であるが、MINIオーナーは2位に「仕事」(35%)がランクインしている。新車購入者全体で「仕事」をと回答したのは23%で、20個以上ある項目の中で最も差が大きかった。さらに「仕事」について深掘りしてみよう。

「仕事価値観」というデータがあるので見てみよう。MINI新車購入者の「スコアが高い順」にソートした結果が次のとおりだ。

1位は「やりがいがあること」で新車購入者全体よりも8pt近く高い。また、7位の「自分の目標や夢を実現できる」も新車購入者全体よりも高く、仕事に対して前向きなマインドが見えてくる。とは言え、「やみくもに働きたい」ということではなく、「ワークライフバランスを保ちやすいこと」が2位にランクインしている。

先に見た「大切にしている時間」も考慮すると、仕事に一生懸命であり、自身のスキルを向上させながら目標や夢の実現といったやりがいを求める。しっかり稼いでしっかり消費する、といったキャラクターが、おぼろげながら見えてくる。

次に、少し視点を変えて健康面の意識も見てみよう。

見た目や美容にも気を使う

下記は、MINI新車購入者と新車購入全体との差分が大きい順にソートした結果である。

MINIオーナーは女性比率が高いためか、見た目や美容に類する項目で差分が大きくなっている。デザインに特徴のある車種だけに、車だけでなく自身の見た目にも人一倍気を使っているのかもしれない。

続いて、「自身の性格をどのようにとらえているか」を見てみよう。

「他人を楽しませることが好きだ」「ドキドキ・ワクワクすることが好きだ」といった点からイベント好き、アクティブな性格である人が多そうなことがわかる。

3位の「やりがいを大事にしている」は先程の仕事観とも共通するものであり、仕事以外(おそらく休日の過ごし方や趣味についてであろう)にも通底する価値観のようだ。

ここまで性格や物事の考え方といった、生活に関する価値観を見てきた。ここからは消費に関わる価値観と実態を見ていこう。

次ページ「1カ月平均お小遣い」は6000円多い
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT