売れまくる「ハリアー」発売から1年後の通信簿

「高い商品力」+「店舗数4倍」で販売に死角ナシ

発売から1年が経った4代目ハリアー(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(32枚)

トヨタのSUVである「ハリアー」。1997年に初代がデビューし、2003年に2代目、2013年に3代目、そして、2020年6月に最新モデルとなる4代目が発売されている。

その初代がデビューした1990年代後半を知る人間の中には、ハリアーの名前に憧れを持つ人が多いはずだ。なぜならハリアーは、“新しく”、そして“高級”であったからだ。

そもそも、初代ハリアーが誕生した当時、SUVという呼び名自体が新しいものであった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

それ以前は「クロカン4駆」「クロスカントリー4WD」と、オフロードを走る、文字通りに泥臭い印象の呼び名が普通であったのだ。

しかし、1990年代に入って、乗用車をベースとするトヨタ「RAV4」(1994年発売)やホンダ「CR-V」(同1995年)が登場することで、ようやく街乗りSUVの名称が定着するようになる。

そして、1997年に登場したのが初代ハリアーだ。そのキャッチコピーは「新ジャンルの高級車ハリアーを発売」であった。“新ジャンル”とはSUVを指す。

しかも、“高級車”としてハリアーは売り出されたのだ。その翌年となる1998年に、ハリアーはレクサス「RX」としてアメリカで販売され、今では当たり前になっているプレミアムSUVの先駆けとして、大ヒットする。

新ジャンルとして発売された初代ハリアー(写真:トヨタ自動車)

そうした当時の売り出し方や、アメリカでの売れ行き、そして現在のプレミアムSUVのルーツとしての重要さを鑑みれば、初代ハリアーに憧れを抱くのも、それほどおかしなことはないだろう。

では、最新モデルとなる4代目ハリアーは、発売から1年でいかほどに売れたのだろうか。

2021年は「昨年超え」確実か?

4代目ハリアーの発売開始は、2020年6月17日。販売目標は月販3100台。価格は299~504万円だ。

発売1カ月で、目標の14倍を超える4万5000台の受注を達成。上々の滑り出しとなる。発売直後となる7月の新車販売ランキング(自販連)の順位は4位。その後の2020年後半も4~8位で推移。2020年1~12月の通年では販売ランキング13位で、6万6067台を記録している。

年を越えた2021年前半も4~7位で推移し。トップ10内をキープ。月販5000~1万台前後を守り、2021年1~6月の前半戦での成績は販売ランキング5位、販売台数4万8271台を記録した。このままいけば、2021年1~12月で8万台を突破する勢いだ。

「ハリアーであれば、これくらいの成績は当然のこと」と思う人もいるかもしれない。しかし、そんなことはない。なぜなら、過去のハリアーは、これほど売れていなかったからだ。

次ページ初代は29位、2代目は30位が最高だった?!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT