オシャレ車の代名詞「MINI」に乗る人の嗜好とは

MINIと「その他」の新車購入者データを比較

クラシックとモダンを融合したデザインで人気のMINI(写真:BMW GROUP)
この記事の画像を見る(12枚)

1959年にイギリスで誕生した「MINI」。初代モデルは、小さくアイコニックな外観から世界で愛され、実に2000年までの長きにわたって生産された。

1994年にBMWがローバーを傘下に収めると、MINIは2001年にリニューアル。BMWの手によるモダンなスタイリングとメカニズムで、新たなMINIワールドを構築した。日本での発売は2002年3月2日(ミニの日)からであり、2020年には日本での累計販売台数が30万台を突破する人気モデルとなっている。

2021年上期の「外国メーカー車モデル別新車登録台数」では、前年同期比7.8%増の9135台で首位であり、10期連続の首位を獲得している(日本自動車輸入組合:JAIA調べ)。

ステーションワゴンの「MINIクラブマン」(写真:BMW GROUP)

MINIは、3/5ドアハッチバックに加え、ステーションワゴンの「MINIクラブマン」やSUVの「MINIクロスオーバー」までもが同じMINIという1車種としてカウントされる事情はあるものの、日本で多くの人に愛されていることがわかる。

では、このMINIという車、一体どんな人たちに選ばれているのだろうか。今回は、MINIオーナーの特徴を見ていきたい。

MINIならではのユーザー像が浮き彫りに

いつもは、市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」よりデータを用いているが、今回はアプローチを少々変えてみよう。

インテージが持つ、消費履歴/消費価値観/メディア接触状況/生活価値観など様々な情報を統合した「生活者360°Viewer」というデータから多面的に見ていく。MINIオーナーの人となりを理解するために、今回は特に「生活価値観」「消費価値観」の2つを軸に分析を行った。

<分析対象数> 
●MINI新車購入者:976名
MINI、MINIクラブマン、MINIクロスオーバーの合算

●比較対象:15万4263名
軽自動車を除く新車購入者全体(メーカー・車種不問)

まずは、購入者の性別と年代構成から確認していく。MINI新車購入者を新車購入者全体(軽自動車を除く)と比較していく。すると、年代構成に大きな違いはないが、女性比率が高いことがわかった。

次に「大切にしている時間」を見てみると、MINIオーナーのトップ5は「趣味を楽しむ」「1人で過ごす」「睡眠」「配偶者と過ごす」「飲食を楽しむ」となった。

次ページ「仕事価値観」にも違いあり
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT