MAZDA3のライバルは、本当に「輸入車」なのか

独自データから浮かび上がった意外な競合

ヨーロッパテイストの内外装や質感を持つことから輸入車と比較されることが多い(写真:マツダ)

マツダ新世代商品群のトップバッターとして2019年5月に発売されたMAZDA3。アクセラ/アクセラスポーツの後継モデルであり、発売前からデザインや内装の前評判が高かったことは記憶に新しい。

これまでよく見られる試乗記事やレビューでは、トヨタ カローラスポーツに加え、フォルクスワーゲン ゴルフ、BMW 1シリーズなどのCセグハッチバック輸入車と比較されることが多い印象だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ではMAZDA3購入者はどのような人々で、購入時にどの車と比較したのだろうか。

市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」のデータから見ていく。

【分析対象数】MAZDA3(ハッチバックに限定):175人、カローラスポーツ:442人、インプレッサスポーツ:1107人、メルセデス・ベンツAクラス:350人、BMW 1シリーズ:376人、VW Golf:919人、ボルボV40:372人、CX-30:240人

若年男性から強い支持を集めるMAZDA3

MAZDA3の購入層で注目すべきは若年男性(20~30代)の多さだ。実に購入者全体の約3割を若年男性が占めているが、これはほかの車種と比較しても高い。

購入時「すべて自分1人の考えで決めた」の割合も今回取り上げる車種の中で最も高い(MAZDA3:51%、カローラスポーツ:42%、1シリーズ:38%、ゴルフ:36%、インプレッサスポーツ:35%)。外観デザインにこだわる若年層へ、魂動デザインをはじめとするマツダ新世代商品群の特徴がしっかりと届いており、結果として顧客を取り込めているのだろう。

次ページMAZDA3購入者はどこを気に入った?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT