独自集計「47都道府県トップ3企業」ランキング

埼玉vs千葉、所在企業から見る「県力」の違い

「埼玉県vs.千葉県」は映画でも取り上げられるほど、両県の因縁は深い(写真:編集部、今井康一)

千葉vs.埼玉、群馬 vs. 栃木、広島vs.岡山、鳥取vs.島根――

その地域に住む人なら誰しもが意識せずにはいられない、よく引き合いにされるライバル県というものがある。

交通の利便性、名産品や観光地、人口や経済力など、比較の尺度はさまざまだが、どんな有力企業が立地しているかは、県の強さを図る重要なバロメーターの1つである。その地で雇用を生み、税金を収め、取引先を潤す地域経済の担い手となるのは、ほかならぬ企業であるためだ。

ただ、全国の県庁所在地や名産品を覚えている人は多くても、売り上げのトップ企業はどこか、と尋ねられると答えられる人は少ないだろう。昨年10月に配信した「総まくり!47都道府県の売上ナンバーワン企業」では、その疑問に答えるべく、『会社四季報 業界地図2021年版』のデータを基に、各都道府県別の売上高ナンバーワン企業を紹介した。

2022年版でもデータを充実化して更新

最新号の『会社四季報 業界地図2022年版』でも、引き続き、本社の所在地で分けた都道県別の売上高トップ3企業を独自集計し、巻頭で特集をしている。

174業界、4080社を網羅した最新『会社四季報 業界地図2022年版』(小社刊)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

本記事では、その各都道府県の売上高トップ3企業を紹介しよう。詳しい一覧表は記事後半に載せているが、地域の有力企業という視点から、上記のライバル比較を行ってみると、興味深い事実が見えてくる。

なお、昨年の2021年版では法人を対象に、2018年度の単体決算で作成しているが、今回の2022年版では株式会社に対象を絞り、2020年度の連結決算ベースで作成した(一部2019年度や単体決算を含む)。

集計にあたっては東京商工リサーチのデータのほか、『会社四季報』『会社四季報・未上場会社版』(いずれも小社刊)、決算公告、ホームページ、業界地図編集部による取材等を基にしている。

まず埼玉県と千葉県を見てみよう。首都圏で東京都、神奈川県に次ぐ地位を争いつづける因縁の両県だ。

次ページ埼玉県トップは意外な自動車部品メーカー
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT