ヒロシマがあぶり出す密集地の巨大リスク

専門家は「3・11より深刻」と危機感

木々や岩を含む泥流に埋まってしまった自動車

実は、阪神・淡路と3・11には共通点がある。被災人口と全壊した建物数だ。

同じく防災研究を先導する名古屋大学減災連携研究センターの福和伸夫センター長が指摘するように、阪神・淡路のあった兵庫県の人口は約555万人、東日本の東北3県は約570万人と、ほぼ同じだ。それぞれの震災で、死者・不明者数こそ6400人余りと2万1000人余りとで開きはあるが、全壊した建物は約10万棟と12万棟であまり変わらない。

南海トラフの想定エリアの人口は巨大

最大の被災地域である安佐南区八木3丁目地区。泥流は家、自動車などを次々になぎ倒していった

そして、来るべき南海トラフ巨大地震の想定エリアにはこの10倍以上の人が住み、超高密度の住宅地は無数にある。東北のような津波被害も、広島のような土砂崩れも「同時多発」することは避けられない。

広島の惨事を悼み、早期の復旧、復興を願いながら、今一度、都市に住むリスクと備えを考え直すべきだろう。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT