ヒロシマがあぶり出す密集地の巨大リスク

専門家は「3・11より深刻」と危機感

行方不明者の捜索は夜を徹して続けられている(安佐南区緑井7丁目)

今回、土石流にすべてを押し流された現場の惨状は、「3・11」の津波や昨年の伊豆大島の土砂災害と重なる。特に伊豆大島とは真夜中の災害で避難勧告、指示が遅れるなどの問題点が共通する。

しかし、決定的な違いもある。一軒家が点在していた伊豆大島に対し、広島は戸建ても集合住宅もぎっしりとひしめき合い、コンビニや家電量販店まである幹線道路のすぐそばの市街地である点だ。

水の分岐点をふさいで造成

やはり被害の大きかった安佐北区可部東6丁目地区は、戦後に200戸ほどの住宅地になったが、少子高齢化などが進んで一時期、住民が減少していた。しかし、6年前に県立高校が山側に移転してきてから、再び転入する世帯が多くなる。

古参の住民は「ここ2年で新築の家が5軒はできた。水の分岐点をふさいだり、造成後に盛り土ができたりしてどうかとは思っていた」と明かす。

次ページ圧倒的な密集度
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT