戦時下の東京、ひたすら勉学に励んだ

「六本木の赤ひげ」アクショーノフさんを悼む②

ハルビンを再訪したアクショーノフさん

アクショーノフさんは早稲田国際学院を1年で終了し、その後、津軽伯爵の勧めで東京慈恵会医科大学専門部を受験することにした。当時、大正天皇の皇太后が慈恵医大の名誉学長だったからだ。だが、入学試験を受けたところ、筆記試験では43点しか取れなかった。口頭試問とあわせ、平均70点取らなければ合格できない。

それを聞いた高木喜寛学長が自ら、アクショーノフさんの口頭試問の教官を引き受けてくれた。学長は英国に留学した経験があり、英語が得意だった。学長は口頭試問に100満点をつけてくれたので、2つの試験の平均点が71.5点になり、どうにか合格点を超えることができた。

条件付きで入学許可

口頭試問のとき、学長から「とにかく1年がんばって勉強してください。それでできなかったら、あきらめてください」といわれた。いわば条件付入学許可だった。

1944年4月、無事、慈恵医大専門部に入学した。同級生約100人の中に、福井県小浜市出身の大西一二氏がいた。アクショーノフさんより1歳年下だった。名簿順が近い上、外国人のような風貌だったので、お互いに親しみを感じ、生涯の友となった。

大西氏は、アクショーノフさんの学生時代を次のように語る。

「当時は戦時中でもあり、彼はソ連のスパイではないか、と変な目で見られていて孤独だった。彼はいつも一番前の席に座って熱心にノートを取っていた。講義は100%聞き取れなかったこともあり、困ったことがあると私に頼ってきた。しかし、どんなに苦しいときにも笑顔を絶やさず、明るい表情をしていた。彼は頭がいいし、性格もいい、それに体力もあった。3拍子そろっていたので、目的を達せられた」

次ページ1年間、無遅刻無欠席
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。