スパイ容疑で神奈川県警が誤認逮捕

「六本木の赤ひげ」アクショーノフさんを悼む④

アクショーノフさん

アクショーノフさんはスパイ、あるいは工作員と疑われ、何度か逮捕され、取調べを受けた。

最初の事件は、米国へ亡命したラストボロフ駐日ソ連大使館員のスパイ事件だった。在日ソ連スパイ事件では、1982年のレフチェンコ事件と並んで有名な事件である。

突然姿を消したラストボロフ

ラストボロフはスターリン死亡の翌年の1954年1月24日、帰国を前に突然姿を消した。駐日ソ連代表部は2月1日、「在日米諜報機関に拉致され抑留されている」との声明を発表した。米CIA(中央情報局)犯行説をにおわせたものだが、駐日米大使館スポークスマンは当然のごとく「何ら関知しない」と否定した。

8月14日になって日本の外務省と公安調査庁は本人の希望で米国へ亡命したこと、外交官を装いスパイ活動を行い、若干の日本人と関係があったことを明らかにした。

だが、実際にはラストロボフはソ連内務省所属の駐在工作員で、日本人の協力者が三十数人にのぼることが分かり、警視庁公安部はびっくり仰天した。協力者の数は1941年に摘発されたドイツ人スパイ、リヒアルト・ゾルゲ事件に匹敵する規模だったからだ。

それから2年後の1956年2月、ラストボロフは米国上院司法委員会調査小委員会の「米国におけるソ連の活動の規模」に関する聴聞会で、証言台に登場した。そして同年7月、小委員会の秘密会での供述が行われた。

次ページ性病リストなど見たこともない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT