スパイ容疑で神奈川県警が誤認逮捕

「六本木の赤ひげ」アクショーノフさんを悼む④

アクショーノフさん

アクショーノフさんはスパイ、あるいは工作員と疑われ、何度か逮捕され、取調べを受けた。

最初の事件は、米国へ亡命したラストボロフ駐日ソ連大使館員のスパイ事件だった。在日ソ連スパイ事件では、1982年のレフチェンコ事件と並んで有名な事件である。

突然姿を消したラストボロフ

ラストボロフはスターリン死亡の翌年の1954年1月24日、帰国を前に突然姿を消した。駐日ソ連代表部は2月1日、「在日米諜報機関に拉致され抑留されている」との声明を発表した。米CIA(中央情報局)犯行説をにおわせたものだが、駐日米大使館スポークスマンは当然のごとく「何ら関知しない」と否定した。

8月14日になって日本の外務省と公安調査庁は本人の希望で米国へ亡命したこと、外交官を装いスパイ活動を行い、若干の日本人と関係があったことを明らかにした。

だが、実際にはラストロボフはソ連内務省所属の駐在工作員で、日本人の協力者が三十数人にのぼることが分かり、警視庁公安部はびっくり仰天した。協力者の数は1941年に摘発されたドイツ人スパイ、リヒアルト・ゾルゲ事件に匹敵する規模だったからだ。

それから2年後の1956年2月、ラストボロフは米国上院司法委員会調査小委員会の「米国におけるソ連の活動の規模」に関する聴聞会で、証言台に登場した。そして同年7月、小委員会の秘密会での供述が行われた。

次ページ性病リストなど見たこともない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。