六本木でクリニックを開業して大儲け

「六本木の赤ひげ」アクショーノフさんを悼む③

執務机でのアクショーノフさん

終戦から数年経つと、米国などからビジネスマンや観光客が日本に来るようになった。民間人の患者を米軍病院で診察するわけにはいかないので、米国側は東京に一般外国人向けの診療所を作ることに決めた。

アクショーノフさんは日本の医師免許を持っていたので、「診療所開設に協力してくれないか」と持ちかけられ1953年、独立して開業することにした。

クリニック経営成功の理由

新しいクリニックは、六本木の麻布警察署向かいのビル内に開設した。医師は、ドイツからきたジュルツ博士ら計4人だった。クリニック開業は大成功だった。その理由はまず 第一に、アクショーノフさんは英語、ロシア語、日本語はもちろん、中国語、ギリシャ語などが話せたので、世界各国から日本にやって来た人が診察を受けに訪れた。

第二に、当時日本では手に入りにくい薬をたくさん持っていたので医療効果があがり、「名医だ」という評判がたった。第三に、当時日本に滞在したり、日本に観光で来る外国人はお金持ちが多く、金払いが良かった。

1956年、アクショーノフさんはクリニックを麻布警察署前から麻布台1丁目に移した。土地と建物は白系ロシア人のトカレフ氏が所有していたものを借りたのだ。土地は約100坪で、建物は大正時代の中ごろに建てられたものだった。その後、近くに高架の高速道路が建設されることになり、約10坪を用地として提供した。

トカレフ氏は1984年、心臓病のため94歳で亡くなったが、その2カ月前に作成した遺言書で、療養費用や死亡後の葬儀費用を負担するという条件で、土地・建物をアクショーノフさんに譲渡してくれたのだ。

次ページギリシャ船籍乗組員の指定医に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT