有名人も貧しい人も同様に診察

「六本木の赤ひげ」アクショーノフさんを悼む⑤

マイケル・ジャクソンもアクショーノフさんを信頼していた

アクショーノフさんが診察した外国人は、大金持ちから貧しい人まで千差万別である。肌の色も、国籍も、宗教も様々である。中には、国際的な有名人もたくさんいるが、その中でもスーパースターと呼べるのは、歌手のマイケル・ジャクソンと、歌手としても女優としても世界的に知られているマドンナだろう。

アクショーノフさんにとって、もっとも印象的な出会いだったのは、往年の西部劇スター、ジョン・ウエインだ。1970年の秋雨が降る夜、クリニックで帰宅する用意をしていると、診察室の電話がけたたましく鳴った。

受話器をとると、相手は「私はジョン・ウエインだ」と言った。いたずら電話だと思い、「私はナポレオンだ」と答えようとした。聞いてみると、ジョン・ウエインは映画「黒船」の撮影のため静岡県下田市に来ていて、額を虫に刺されて化膿して目が見えなくなったという。そのうえ、40度もの熱が出ているので助けて欲しいということだった。

ジョン・ウエインは臆病だった

アクショーノフさんはすぐにジョン・ウエインが泊まっている静岡県伊東市のホテルに出かけていった。診察してみるとたいしたことはなく、簡単な切開手術で済みそうだった。ところが、ジョン・ウエインは「ドクター、私は臆病で手術が怖い。麻酔で眠らせてから手術をやって欲しい」と懇願した。

ジョン・ウエインのイメージは荒野で激しく立ち回る、男の中の男、というものだったので、アクショーノフさんは「イメージとはだいぶ違うなと思った」と筆者に明かした。ジョン・ウエインはアクショーノフさんに大変感謝し、2年後に来日したとき、ホテル・オークラで母や妻まで招待してご馳走してくれたという。

クリニックを訪れた有名人の中には、世界に知られた政治家や経営者も少なくない。フランス大統領を務めたジャック・シラク氏もその一人だ。

次ページシラク大統領の痛風を治した
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT