戦時下の東京、ひたすら勉学に励んだ

「六本木の赤ひげ」アクショーノフさんを悼む②

アクショーノフさんは学長の指示を几帳面に守り、1年間、授業を無遅刻・無欠席でがんばり通し、無事進級した。

戦争が激しくなるにつれ、友人は次々に地方へ疎開していった。そんな中でも、アクショーノフさんは東京で何とか暮らしていけた。酒、タバコは一切やらず、倹約したからだ。

特に助かったのは、肉屋が日本人の食べない牛の脳みそ、心臓、シッポなどをくれたことだ。骨ももらってきて、スープを作って飲んだ。また、酒やタバコの配給券と牛乳を交換し、ヨーグルトをつくって食べた。これで食費がだいぶ浮いたことは間違いない。

当時、憲兵は日本在住の外国人を監視していたが、アクショーノフさんは憲兵に同情されていたらしく、「映画に外国人役で出てくれ」と、エキストラを世話してくれた。身長が高く、英国人やアメリカ人に似た甘いマスクだったので、たちまち映画の人気者になり、出演本数が増えた。映画はいずれも陸軍省宣伝部が戦意高揚のために制作したもので、アクショーノフさんの役は日本人の敵役だった。「重慶から来た男」「マレーの虎」「ハリマオ」などの映画では主役級の役がつき、かなりの報酬をもらった。

米兵のジープに乗せられた

1945年8月の終戦で、アクショーノフさんの生活もがらりと変わった。戦時中の重苦しい雰囲気が消え、庶民に明るさが戻っただけではない。外国人に対する様々な規制が緩和されたのだ。

米軍の上陸は8月30日、マッカーサー連合国最高司令官の厚木飛行場到着と同時に行われた。この日、アクショーノフさんは、国防色の半袖シャツを着て厚木に出かけた。海兵隊が上陸用舟艇を並べて接岸、陸上に進んでいくのをながめていると、突然米兵が乗ったジープが3台、近づいてきた。そして何も言わずにアクショーノフさんをジープに乗せると軍の本部に連れて行った。長身で、国防色のシャツ姿だったので、米軍兵士は、「日本軍の捕虜になった米軍人がいる」と思ったらしい。

アクショーノフさんが指揮官に事情を話すと、日本語の得意な白系ロシア人を呼び出してくれた。その人たちの口利きで米軍で働くことができるようになった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。