売れ筋飲料「茶系、炭酸、有糖・無糖」の選ばれ方

その時の気分で「リラックス」と「リフレッシュ」

「日本茶・コーヒー・炭酸・ミネラルウォーター」が揃う自動販売機(筆者撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

春夏秋冬と季節を問わずに手軽に飲まれる「清涼飲料」。暑い時期は止渇(しかつ=のどの渇きを止める)が中心だが、日本にはさまざまな味と種類がある。

カテゴリー別で販売量が多いのは「日本茶」、次いで「コーヒー」「炭酸飲料」「ミネラルウォーター」の順になっており、容器はペットボトルが主流だ(飲料総研の調査数値)。

「茶系飲料」と「コーヒー飲料」が強いのは、ホットでもアイスでも楽しめる通年性と健康意識の高まりも大きい。

別の調査では健康志向を反映して、国内市場全体での「無糖飲料製品」構成比は「2018年は約49%」(全国清涼飲料連合会調べ)と、半数が無糖になっている。ただし、消費者の選択意識は時に揺れ動き、その時の気分で変わることも多い。

前編「売れ筋飲料『水・コーヒー・茶系』が上位独占する訳」(9月21日配信)に続き後編は、消費者の心理を茶系飲料と炭酸飲料を中心に探ってみた。

上位の茶系ブランドも「無糖」が多い

まずは業界の専門メディア「飲料総研」の最新売り上げランキングとカテゴリー別を記してみた。なお、数量については前編記事をご参照いただきたい。

茶系飲料は無糖と有糖に分かれるが、上位ブランドの多くは無糖系だ。前述の「約49%が無糖」という数字を反映している。長年飲み慣れた「安心」意識も見逃せない。

次ページ茶系の最強ブランド「お~いお茶」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT