"非鉄"も「いいね」とうなる、鉄道を撮る男の夢

鉄道カメラマン山崎友也と村上悠太の師弟対談

村上:撮影の仕方や1日の動き方もずいぶん教えてもらいました。天気に恵まれないと撮影のノルマが達成できないので、あっちが晴れているんじゃないかと、焦って周囲を動き回るんですが、その分経費もかかるわけで。僕は社員ですが山崎さんは経営者ですから。山崎さんに「動くな」と怒られたことがありましたね。確かに動き回っても成果が出ないなら動かないほうが正解です。山崎さんとは夜、車の中で鍋をつつきましたね。

やまさき・ゆうや/1970年広島生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。鉄道写真専門のフォトライブラリー「レイルマンフォトオフィス」代表。独自の視点から鉄道写真を多彩に表現し、出版や広告など多彩な分野で活躍中。(撮影:尾形文繁)

山崎:よくやったね。悠太といちばんやったんじゃないかな。

村上:八戸で撮影の合間にアンコウを1匹買って、お店の人にさばいてもらって、夜に車の中でアンコウ鍋にしたこともありましたね。山崎さんのホームページには仕事の話以上に、車の中で鍋をするとか、温泉に入るとか、楽しい話がいっぱい出てくる。そういうところにも憧れていました。

シビアな「流し撮り」の要求

山崎:悠太とは、JR東日本の仕事でE5系とE6系の撮影をしに行ったことがあったな。

むらかみ・ゆうた/1987年東京都生まれ。高校時代には「写真甲子園」に出場。交通新聞社『鉄道ダイヤ情報』にて「突撃!ユータアニキ 鉄道HERO完全密着」連載中。撮影の講師や講演を多数行う。(撮影:尾形文繁)

村上:あのときの山崎さんのオーダーがシビアで。E6系が登場したばかりで1編成しかなかったうえ、試運転で明け方か深夜しか撮影のチャンスがない。そのうえ、「トンネルとトンネルの間で流し撮りをしろ」という。トンネルからポンと出るとすぐ次のトンネルに入る。この間0.5秒くらいしかないところで流し撮りをしろというんですから。僕はそれで何回も失敗をしましたが、山崎さんは流し撮りが上手なんですよね。一発で決める。

流し撮りしたE6系。闇の中に赤い車両が浮かび上がる(撮影:山崎友也)

山崎:世の中の人はそれを天才と呼ぶ(笑)。悠太はまだまだ粗いよ。いい写真もあるけど、これは……という写真もある。アベレージが低い。ただ、写真のテクニックを教える機会があまりなかった。悠太が入社した頃は事務所がフィルムからデジタルに切り替えていた時期で、デジタルだと教えにくい。フィルムの頃はみんなでビュアーを見て「ああでもない、こうでもない」と言い合っていたが、デジタルだとそういう場がない。そこはちゃんと教えておけばよかった。

次ページ「極端な作品」に取り組むのはなぜ?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT