ヤバい「1万円高級寿司」の裏側【前編】

ここが惜しい!ミシュラン店との「差」を徹底解説

「すきやばし次郎」に行ってオバマ大統領と同じものに挑戦!?

(後日談)
N君:続いてカニ、イカ、シメサバ、エビ、ウニ、マグロ、サーモン、細巻き、太巻き、お椀、総評と続きますが、すべて書くと15ページ近くなるので、続きは中編・後編にしたいと思います。
河岸:あっさり書くと「おいしかった。以上」で終わってしまうからね(笑)。「Good(おいしい)」と「Best(最高)」の違いがどこにあるか、そこまで踏み込んで書かないとね。あと、寿司を食べる順番やワサビのつけ方みたいに、いまの若い人だと意外に知らないことも多いから、その辺も併せて解説しないとね。
N君:ホントですよ。回転寿司に行けば好きな順番で食べていましたし、居酒屋でも醤油にワサビを溶かして食べていましたし(苦笑)。
河岸:でも、「Good(おいしい)」と「Best(最高)」の違いとなると、いよいよミシュランで星をとる店に行かないとね。いま話題のミシュラン3つ星の「すきやばし次郎」に行って、オバマ大統領が食べたのと同じものを食べて解説してみようか。
N君:あそこはおまかせコースのみで1人3万円から、みたいですね。どこにそんな取材費があるんですか(笑)。
河岸:だって、ありがたいことに新刊が売れ行き好調で5万部を突破したけど、「5万部を超えたら、またお祝いも兼ねて高級店取材に行きましょう!」と前々回の最後に宣言してたじゃない(笑)。
N君:文字を大きくした上にリンクまで貼らないでくださいよ、覚えていますから(笑)。任せてください! だから高級牛丼、高級ハンバーガー、高級コーヒーに行きましょう!「すきやばし次郎」は20万部を超えたら、で。
河岸:いや、高級店なら寿司か天ぷらがいいんだけど(笑)。天ぷらも寿司と同じで、高級店とそれ以外の店では「一体感」が全然違うから。どこかの大富豪の人が15万冊まとめ買いしてくれないかな。
N君:AKB48のCDじゃないんですから無理ですよ(笑)。本の印税から差し引いてよければ、いつでも行きましょう!
河岸:なんだ、それだと自腹じゃない(笑)。

 

というわけで、とりあえず次回は「人気高級寿司店」の中編、このとき食べた残りのネタの話と、今回の刺身同様、100円寿司でも使える「寿司のおいしい食べ方」の話をしたいと思います。

次回は1週間後にアップしますので、楽しみにお待ちください。

(中編は2014年8月28日木曜日、公開の予定です)

5万部のベストセラーになっている新刊はこちら→『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』 900円(税別)とお買い得の1冊です!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。