ヤバい「1万円高級寿司」の裏側【前編】

ここが惜しい!ミシュラン店との「差」を徹底解説

ホタテに見る「ミシュラン三つ星」との差

N君:わぁ、ホタテはちゃんと貝のままで仕入れていて、殻から外して出してくれるんですね。殻は手のひらサイズの大きさ。こんなの食べたのは初めてですよ。当たり前だけど回転寿司のホタテとは全然違いますね。先日行った回転寿司の冷凍ホタテは、水っぽくて味がスカスカでしたものね。

河岸:冷凍か生かの違いもあるし、もうひとつは「切り方」の違いもある。回転寿司のホタテは横に切ってあったけど、あの切り方はダメなんだ。ほら、この店はちゃんと縦に切っているでしょう。だからおいしい。

N君:へー、ホタテはカタマリを「横」ではなく「縦」に切るんですね。回転寿司が横に切ってしまうのは、その「基本」を知らないからですか?

河岸:それもあるだろうし、横に輪切りにしたほうが薄く切れて、1つのホタテのかたまりから枚数がたくさん取れるからね。この店はちゃんと縦に切っていておいしい。でも欲を言えば、切る前にちょっと上から押して潰してほしかったね。

N君:えっ、なぜ切る前に押して潰すんですか?

(写真:さるとびサスケ / Imasia)

河岸:ちょっと潰すと、切ったときの断面がギザギザになるでしょう。そのほうが醤油がよくからんで、さらにおいしくなるの。ミシュランで星をとる店に行けば、大体そうやって出してくれるよ。

N君:細かいですね(笑)。でも、それがミシュラン店との「差」というわけですね。

河岸:その通り。まあ、これで十分おいしいけどね。回転寿司とは段違い。

N君:でも、回転寿司のホタテとこの店のホタテでは「原価(仕入れ値)」が違うんだから、比べたら気の毒でしょう。こちらのほうが高級なホタテを使っているわけだから。

河岸:いや、実はそうでもないんだ。実は回転寿司のほうが、ホタテの原価は高い。

N君:えっ? マジですか? なぜ安い回転寿司のほうがホタテの原価が高いんですか?

河岸:だって回転寿司ではホタテを殻からはずして、切って凍結して運んでくるわけでしょう。それだけコストがかかっている。それに比べて、こうやって生のままで貝ごと仕入れて切って出したほうが、安く済むじゃない。

N君:つまり、元は一緒ってことですか? でも、この店で使っているホタテは回転寿司よりも高級というか、おいしいホタテなんでしょ?

河岸:いや、そんなことない。この店も回転寿司も、使っているホタテは基本的に一緒。厳密に言えば、高値で取引される高級ホタテも一部にはあるけれど、それ以外はみんな一緒のレベルだよ。

N君:そうなんですか!? 全然、知らなかったです。「安い店=原価が安い、高い店=原価が高い」とばかり思ってました。回転寿司でも手間を惜しまなければ、もっとおいしく食べられるってことですね。

河岸:ただ、それをやるとゴミが出るし、売れなかった場合の廃棄ロスも出る。殻から外して調理する職人も必要になる。だからそれを嫌って、冷凍ホタテを仕入れちゃうんだ。袋から出してシャリに載せるだけなら、アルバイトでもパートでもできるから。でも、そこには「お客さんにおいしいものを食べてもらいたい」という気持ちはもうないよね。

次ページ白身は新鮮すぎてイマイチ? ワサビの正しいつけ方は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。