「銀行にお金を預けるのが損」だとわかる納得理由

今の金利はバブル期の「4000分の1」しかない

――あ、でも銀行預金には利子ってありますよね。たとえば、僕の20万円に年間1%の金利がついてれば、物価の上昇に対抗できませんか?

渡邊:そうですね。一概には言えませんが、丑久保さんが初任給20万円を、その条件で10年間預けていたとしましょう。税引きとかもありますが、だいたい21万6000円くらいにはなります。ただ問題は、今の銀行預金の金利が低いことなんです。1%も金利がある大手銀行なんてありません。

銀行に預けてもお金がまったく増えない理由

――たしかに。銀行にお金を預けていて、お金が増えたと感じたことはないです。銀行の金利って、昔からこんなに低かったんですか?

渡邊:いいえ、そんなことありません。私は実際に経験したことはないのですが、バブル期の銀行の金利はものすごく高かったんですよ。銀行の定期預金の金利が6%、郵便局の定期貯金の金利は8%もあったのです。

――そんなに高かったんですか! うらやましい時代ですね。今って……。

渡邊:今現在(2021年7月)、大手銀行の定期預金の金利は0.002%です。バブル期の8%と比較すると、4000分の1の金利しかつきません。

――そんな低い金利しかつかないなら、預金でお金が増えるはずないです!

渡邊:ええ、その通りです。私たちの親世代やバブルを経験した人たちは「預金をしときなさい」が口癖でしたが、正直なところ、今の金利で預金をしたとしても「今は預金でお金が増える時代ではない」というのが現実です。金利が高いか低いかで、実際どのくらい私たちの生活に差が出るのかを具体的な数字で比較してみましょう。少し前に、老後2000万円問題が話題になりましたよね?

――はい。安心した老後を送るには「年金プラス貯蓄残高が2000万円くらい必要」と話題になったニュースですね。

『定期預金しか知りませんが、私、本当にお金持ちになれるんですか?』(秀和システム)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

渡邊:そうです。もし今現在1000万円の資産があるとして、預金だけで2000万円を準備しようとした場合、8%の金利と0.002%の金利で、どのくらい差が出るのかわかりますか?

――えーっと……。どのくらいかはわかりませんが、けっこうな差が出ます!

渡邊:(い、潔い!)金利が8%の場合は9年で2000万円を準備できるのに対して、金利が0.002%の場合は3万6000年もかかってしまうのです。

――3万6000年!? それって、僕たちが生きている間には、絶対に実現不可能じゃないですか!

渡邊:そうです。預金と投資の違いを簡単に説明すると、今現在の金利水準が続いている間に資産が2倍になることはないのが預金、資産が2倍になる可能性があるのが投資なのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT