ファミマ「名店カップ麺」5メーカー同時参画の衝撃

ラーメン評論家のお墨付き、第1弾は利尻島の名店

多くの有名店店主も「カップ麺」には意欲的だという。その理由は、実際に来店できない人にも、店の味を知ってもらえる宣伝効果があるから。「全国の人に向けて、自分の店を宣伝できて開発費用もいただける、二重のメリットも大きいでしょう」(同)。

夏に比べて「冬は130~140%」、味噌や濃厚さが人気

ところでカップ麺は、夏と冬では売れ行きがどれぐらい違うのか。

「商品によって異なりますが、全体的には夏が100とすると冬は130~140。3割から4割伸びる市場です。また寒くなると、味噌や濃厚な味が人気となります」(石田氏)

そうめんや冷やし中華に代表されるように、夏の麺類はさっぱり味が好まれるが、冬は消費者意識も変わっていく。

また、スーパーなどの大型小売店では、来店客に振り向いてもらうために、店頭ビデオを設置して購買意欲を促すことも行う。当初その気がなかった客にも「ついでに買っておくか」と誘引する効果もあると聞く。だが、コンビニのカップ麺は少し状況が違うようだ。

「カップ麺コーナーに来たお客さんは、カップ麺のどれかを食べようとする目的買いがほとんどです。まずはコア層である20代~50代男性に支持されたい。今回はツイッターなどSNSでも積極発信して、売り場に来てもらうように仕掛けたいですね」(足立氏)

名店カップ麺で「あなたと、コンビに、」が高まるか

最後に、この取り組みを通じて「会社として何を目指すのか」を聞いてみた。

「ファミリーマートは今年で40周年になります。そこで40周年に向けたチャレンジ『40のいいこと!?』の5つのキーワードを策定しました。(1)もっと美味しく、(2)たのしいおトク、(3)『あなた』のうれしい、(4)食の安全・安心、地球にもやさしい、(5)わくわく働けるお店――の5つです。今回の名店カップ麺は (1)と(3)、もっと美味しく、『あなた』のうれしい、になります」(同)

全社で掲げるミッションを、各部門がどう落とし込み事業活動につなげるか、だろう。

コラボカップ麺では、セブン-イレブンの「セブンプレミアムゴールド」の「らーめん山頭火」などが人気だが、ファミマにも「来来亭 背脂しょうゆ」「来来亭 背脂こってり」(税込みで各216円)などの人気商品がある。

今回の名店シリーズを通じて、「あなたと、コンビに、」(同社のキャッチフレーズ)がどこまで高まるか。商品の反響に注目したい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT