ファミマ「名店カップ麺」5メーカー同時参画の衝撃

ラーメン評論家のお墨付き、第1弾は利尻島の名店

(2)では、ラーメン評論家として活躍する大崎裕史氏(ラーメンデータバンク会長)と組んだ。同氏が会長を務める会社は検索情報サイト「ラーメンデータベース」を共同運営し、「日本最大級のラーメン店検索サイト」を掲げる。実店舗の情報網と専門家の知見も“隠し味”に加えた、といえよう。

もちろん嗜好品のラーメンは、好みが人によって違うが、「誰が美味しいといっているか」を重視した。店の選定も味づくりも大崎氏が関わり、商品をブラッシュアップしていく。

ラーメンデータバンクが運営する「ラーメンデータベース」は人気店の情報などを紹介(左)、ラーメンデータバンク会長の大崎裕史氏(右)

在宅が増え、インスタントラーメンが伸びた

少し引いた視点で見てみよう。長引くコロナ禍で、多くの社会人は在宅勤務の日が増えた。学生にも影響し、部活の大会や発表会などのイベントも縮小や中止が続く。

そうした巣ごもり状況の日常食事で好まれるのが「パパッと簡単」だ。その代表例がインスタントラーメンだろう。朝晩は涼しくなり、気軽に食べやすい季節となった。筆者の周囲でも「在宅勤務でカップ麺に手を伸ばす機会が増えた」と話す人が目立つ。

ちなみに日本で作られているインスタントラーメンの量は約60億食(59億7523万食)もあり、その3分の2に当たる約66%(39億2238万食)がカップ麺だという(※)。

巣ごもり消費の節約志向で、同調査では約31%(18億6451万食)の袋麺が伸びたが、カップ麺も好調だ。やはり簡単に作れて食べられる利便性は大きい。

※一般社団法人 日本即席食品工業協会の調査による

ファミマがカップ麺に注力するのは、こんな状況もあるのだ。

次ページ麺メーカー大手5社が同時参画するプロジェクト
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT