高値圏「仮想通貨」始めたい人が絶対知るべき盲点

国際金融に精通する作家・黒木亮が教える本質

ビットコインを法定通貨にしたエルサルバドルのビザハット(写真:Camilo Freedma/Bloomberg)
ビットコインが今年4月に史上最高値をつけるなど、投資家の注目を集める暗号資産(仮想通貨)。だが「仮想通貨は本質的な価値がゼロ」と言い切るのが、国際金融に精通する作家の黒木亮氏だ。経済小説『カラ売り屋vs仮想通貨』を上梓した黒木氏が、これから仮想通貨に投資する人が肝に銘じるべきポイントをレポートする。

ビットコインは、今年4月に1BTC(取引単位で1BTC=1ビットコイン)約700万円という史上最高値をつけ、その後多少下げたものの、今も約505万円という高値である。1年前に70万円、5年前は4万円程度だったことを考えると、異様な暴騰ぶりだが、近い将来、1000万円を突破する可能性も否定できない。

理由は、アメリカ民主党政権の約200兆円に上るばらまき政策による過剰流動性、新型コロナ禍の財政出動による各国の法定通貨の信頼低下、米中関係の悪化やアフガニスタンの混乱といった国際的緊張の高まりなどだ。

一方、筆者が住む英国の金融監督当局FCAは、去る6月、世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)交換業者バイナンス(香港)の業務を全面的に禁止した。同社は日本の金融庁、シンガポール中央銀行、香港証券取引委員会、オランダ中央銀行などからも、消費者保護対策の不備や無許可営業に関して警告を受け、各国でサービス停止などに追い込まれている。バイナンスに限らず、仮想通貨取引に関する問題や詐欺は非常に多い。

仮想通貨はパチンコ玉と同じ

そもそも仮想通貨には本質的な価値はあるのだろうか?

筆者は今般上梓した『カラ売り屋vs仮想通貨』(KADOKAWA刊)執筆のため、2年間にわたって資料を読んだり、関係者に話を聞いたりした。その結果、たどり着いた結論は、仮想通貨は「カジノのチップ」、あるいは「パチンコ玉」のようなもので、それを使って博打を張る人がいなくなれば、ゴミになるということだ。

仮想通貨が10年以上にわたってこの世に存在しているのは、パチンコ屋がこの世に存在しているのと同じで、博打を張りたい人たちがおり、博打を政府が禁止しないからだ。

次ページ仮想通貨の本質的な価値がゼロである理由
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT