Netflix新作に「こんまり夫婦」登場の深い意味

リモートワーカー必見の「ときめく片づけ」

近藤麻理恵さんが贈るNetflixの新しい劇的改造シリーズ『KonMari 〜"もっと"人生がときめく片づけの魔法〜』が8月31日から全世界配信された(写真:Netflix)
この記事の画像を見る(4枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

こんまり自宅の撮影シーンからスタート

コロナ禍をきっかけに働き方を見直している人に必見。8月31日に全世界配信された、片づけコンサルタントの「こんまり」こと近藤麻理恵さんのNetflix 新シリーズ『KonMari 〜"もっと"人生がときめく片づけの魔法〜』は家から飛び出し、職場や地域コミュニティが「ときめく片づけ」の新たな舞台。今、なぜ仕事人生を片づける必要があるのか? そんなことを問いかけています。

この連載の一覧はこちら

大ヒットした前作『KonMari ~人生がときめく片づけの魔法』が全世界配信されてから約2年半の時を経て、Netflixシリーズに戻ってきた新作はそう、仕事にフォーカスしていることから明らかに前作との違いがいくつかあります。“シーズン2”ではなく、タイトルに“もっと”を加え、スピンオフ的なシリーズであると捉えていいでしょう。

番組の冒頭、「わたし自身が経験したことのない新しいプロジェクトに挑戦したいと思います!」と、近藤麻理恵さんが話す撮影場所はアメリカの自宅。“こんまり夫”の川原卓巳さんとお子さんたちも登場するシーンから始まります。前作にはなかった演出です。自宅で家族総出のインパクトある掴みに人気シリーズの余裕すら感じます。

“こんまり夫”の川原卓巳(写真左)さんも登場し、アメリカの自宅で近藤麻理恵さんがどのように"ときめき"を生み出しているのかを垣間見ることができる(画像:Netflixシリーズ『KonMari 〜"もっと"人生がときめく片づけの魔法〜』全世界独占配信中)

アメリカではこんまり流片づけ=「Kondo-ing(コンドーイング)」という動詞が一般化されたほど、大きく影響を与えた前作の流れを受けて、基本の整理整頓術は健在です。近藤麻理恵さんが今回もみっちり教えていきます。あの書類はどこ?この道具はどこに仕舞う?といった職場あるあるの悩みに対してアドバイスし、「立てて収納」するといったお決まりの「こんまりメソッド」を具体的に実践しています。そして、たびたび“こんまり夫婦”が登場します。冒頭部分だけでないことに実は深い意味があるのです。

次ページ用意されたのは3つのエピソード
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT