「アップルのコメディドラマ」エミー賞快挙の背景

テレビ局を抜きNetflixやディズニーと並んだ

アップルのオリジナルドラマ『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』は新作コメディーとしてエミー賞史上最多20のノミネート数を記録し、作品賞を含む7つのエミー賞を獲得した(写真:Apple TV+ )
この記事の画像を見る(5枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

ベストコメディーはアップル『テッド・ラッソ』

世界のテレビ番組の最高峰と称されるアメリカのプライムタイム・エミー賞の作品賞(コメディーシリーズ部門)でApple TV+(プラス)のオリジナルドラマ『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』(以下、テッド・ラッソ)が受賞したことが日本時間の9月20日に発表されました。この作品賞と併せて、主演のジェイソン・サダイキスが主演男優賞も受賞。新作コメディーシリーズとしてエミー賞の歴史を塗り替えるほどの実績を残しました。動画配信サービスから生まれたドラマが世界のテレビ業界を席捲している理由も探りながら、第73回エミー賞で注目された受賞ドラマを紹介します。

この連載の一覧はこちら

今年のエミー賞コメディーシリーズ部門のベストドラマに選ばれたApple TV+の『テッド・ラッソ』は典型的なアメリカのコメディードラマです。ジェイソン・サダイキス演じるアメフトのコーチだったアメリカ人のテッド・ラッソがイングランドのプレミアムリーグの架空のチームの監督として雇われ、「ヘタレ!」と罵倒されながらも、ユーモアと鑑識眼で仲間を増やしながらチームを立て直していくという話。

1話30分前後の楽観的なストーリー、勧善懲悪のキャラクター設定、笑わせるポイントは下ネタという意味では、ごくありふれたザッツ・アメリカン・コメディーなのですが、2020年8月にシーズン1が配信されて以降、賞レースを制覇し、支持を集めています。

次ページなぜ『テッド・ラッソ』はヒットしたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT