「スッキリ」で誕生した男性グループが話題のワケ

NiziUの二番煎じ?「BE:FIRST」の魅力を解説

SKY-HI(写真一番左)主宰のボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」から生まれた7人組グループBE:FIRSTのメンバー。右からLEO、SOTA、RYOKI、MANATO、JUNON、RYUHEI、SHUNTO(写真:ⒸBMSG)
この記事の画像を見る(4枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

泥臭さや熱さをあえて押し出すオーディション番組

またひとつ、注目度上昇中の音楽グループがオーディション番組から生まれました。ボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」(ザ・ファースト)として展開し、8月13日にデビューメンバーが決定した7人組ボーイズグループBE:FIRST(ビーファスト)です。日本のエンターテインメント業界に一石を投じようとしていることが番組から伝わってきます。

この連載の一覧はこちら

BE:FIRST誕生までの様子を今年4月から日本テレビ『スッキリ』が追い、Huluでは完全版が配信されています。『スッキリ』の放送日には参加メンバーの名前がツイッターのトレンドに並び、Huluではエピソードが更新されるたびに、Hulu総合ランキング1位を占めていました。オーディション段階から参加者のパフォーマンス動画がYouTubeで100万回を上回る再生回数を記録し、8月16日に配信されたプレデビューシングル『Shining One』は各種チャート1位を得ています。

オーディションを番組化し、話題を集め、実績を作る正攻法です。それって、話題をさらったNiziUの二番煎じじゃないか。そんな受け止められ方もあるでしょう。では、何がこれまでと違うかというと、その伝え方にありました。一部始終をカメラに収めたHuluの完全版ではそれがよく表れています。

「THE FIRST」の主宰者で、マネジメント/レーベル「BMSG」のCEOであり、現役のアーティストでもあるSKY-HI(スカイハイ)が「育成プログラムを追ったオーディショナルドキュメンタリーとして展開しました」と説明するように、ほかの参加者を蹴落としながら、コマを進めていくようなサバイバルを売りにしたオーディションではないことは一目瞭然。ある意味、時代と逆行しているかのような泥臭さや熱さをあえて押し出しているものでした。

次ページどのような番組なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT